京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

2008年02月09日

日本代表、どうなん?



ワールドカップアジア3次予選。
寒風吹きすさび小雪散らつく中、埼玉スタジアムでタイを相手に「4ー1」のスコア。日本代表、幸先の良いスタートって報じるのは能天気なニュース番組。しかし、しかし、正直なところ皆さんはどう思います?

観客の入りと同じく、その内容は全くお粗末だったんじゃないのか?
国際サッカー連盟(FIFA)のランキングは日本の34位に対し、タイは107位…(泣)
思い切り格下のタイを相手に、それもタイからすればアウェーの上に、慣れない日本の「冬」という最悪の気候も相手にせねばならない状況だったわけで。
それでもタイは前半イーブンと分けてハーフタイムを迎えた訳だからね。敵ながら天晴れ。大したもんよ。ホームだったらこれ判らんよ。
それに引き換え、我がナショナルチームの情けなさ。
決定力不足は相変わらずだし、後半3点とはいえ、あれはタイが日本の寒さに体力を消耗し、ディフェンスが脆くなったところを突いただけで、多分実力で抉じ開けてわけではないからね。大久保が本当に言ったかどうか判んないけど、スポーツ新聞の見出しに「日本のエースは俺だっ!」なんてあったけどちゃんちゃらおかしいでしょ。
選手の首を挿げ替えては奇を衒うばかりで、全く無策な岡ちゃんを何故に監督に起用するかなぁ。川渕さん、田嶋さん、個人的な理由で監督を選ぶのはこの辺でそろそろ止めて、例えば西野“アトランタの奇跡”朗さん辺りを呼ぶべきではないか。
このままでは予選通過は無理のように思える。
オシムの残したものも大事にしたいところだが、やはり日本人のメンタリティは日本人にしか理解出来ないところ。
その点からしても監督は日本人。それも世界の檜舞台で実績を上げている人物が適材と言えるのでは。

このままいったら本当にヤバイ。

サポーターはサッカーをよく知ってますよ。
あの客席の空き様は尋常じゃない。
真摯にサッカー協会関係者は無言の抗議と受け止めるべきだと思うけどなぁ。


違うかな~。

次回はアウェー。
3月26日にバーレーンと…。

『中東の笛』を吹かれるまでも無く、玉砕なんてことにならぬように頼むよ!




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。