京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

2008年01月30日

母べえ(かあべえ)

私が奈良県は王寺町・コミュニティーFM局「FM81.4(ハイホー)」から、毎週日曜21時から(再放送は翌週金曜早朝2時から~)オンエアしている放送「Swinging Street Second!!」1/20の放送内容から…。
御覧下さい!
また可聴地域に、家族や友人、恋人に祖父母(こりゃ無理か?)、お尻あいのいる方は、是非こんな傍迷惑な番組があるよ!とクチ込み宣伝宜しくお願いします!

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PON-CHANG! (ポンチャン)
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/
FM81.4(西大和)
http://www.fm814.co.jp/

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2008 1/26(土曜日)から公開になっている作品。
あなたがいたから全てを愛せる…。
監督はかの巨匠・山田洋次。そして主演は1945年(昭和20年)生まれであるにも関わらず、今だその衰え知らずの美貌で、世のサユリストを酔わせ続ける、まさに天女のような女優・吉永小百合!
この日本映画界の至宝ともいえる二人が手を組んで描く、激動の昭和の物語。
小さな茶の間を大きな時代が通り過ぎてゆく―

「母べえ」(かあべえ)

~ご紹介させていただきます。



大ヒット作「武士の一分」から1年、山田洋次監督の最新作「母べえ」が遂に公開となった。
原作は、世界の黒澤明監督作品のスクリプトを手掛けていた野上照代の、読売ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞した自伝的小説で、これがベースとなっている。
舞台は昭和15年(1940年)の東京。戦争反対を唱える父が非国民とばかりに囚われの身になり、残された母と幼い二人の娘が、周囲の人々の優しさに支えられ、様々な困難に出くわしながらも明るく懸命に生きていくそんな姿を描いていく。
主人公の「母べえ」こと野上佳代を演じるのは名実共に日本の銀幕界を代表する、永遠の清純派・吉永小百合。そして「モンゴル」(セルゲイ・ポドロフ監督 カザフスタン/ロシア/独/モンゴル合作)で、第80回・米アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、その周辺が俄かに騒がしくなって来ているカッコいい浅野忠信や「武士の一分」でキムタクの妻を演じた山田監督も絶賛の壇れい、志田未来、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎との演技派・実力派の役者が一堂に会し、つましくも向う三軒両隣、心寄せ合っては暮す人々の愛と悲しみ、そして切ない希望に満ちたドラマを淡々と紡いでいく。ささやかで、当時としては平均的ともいえる普通の家庭のお茶の間を、ひとつの鏡として映し出される激動の時代。この映画は、長年にわたりライフワークとして原爆詩の朗読活動を行い、平和の尊さを訴え続けている吉永小百合と山田監督の深い思いが込められた、心揺さぶる感動の一作である。





(内容)
舞台は、昭和15年の東京。
父(坂東三津五郎)と母(吉永小百合)、そして初子(志田未来)と照美(佐藤未来)という姉妹が肩を寄せ合い、貧しいながらも仲睦まじく、野上家は幸せな日々を送っていた。
お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合いながら…。
しかしある日の朝、「父べえ」ことドイツ文学者である滋が治安維持法で逮捕されたこの日を境に野上家の暮らし振りは一変する。
時代は、戦争に反対するものを「罪人」とし、容赦ない裁きをみせる狂気の時代へと突入していたのだ。
不安に囚われる母娘達の下に、温かい思いやりを持った人々が次々を訪れる。
父の教え子で出版社に勤める山崎(浅野忠信)は、父との面会申請の為に奔走し、やがて一家から山ちゃんと呼ばれる大切な存在となる。父の妹で明朗快活なキャラの久子(壇れい)は、思春期を迎えた初子とおてんば娘の照美のよきお姉さん役で、何時しか山ちゃんの仄かな恋心を抱くようになる。
そして、変わり者の仙吉叔父さん(笑福亭鶴瓶)は、あけっぴろげで遠慮のない性格のため、何時も訳のわからない騒動を起こしては周囲を巻き込んでいく…。
そんな人々に囲まれながら日々を過ごす離れ離れとなった野上家を、家族として繋ぎ止める大切なものは「手紙」であった。
まるで日記のように毎日の出来事を父に綴る初子と照美。そんな娘達の成長を温かく見守ることが、母べえの心の支えだった。

そんな或る日、野上家に思いがけない一通の手紙が届く…。

この先はワーナー・マイカル・シネマズ西大和さんに足をお運び頂きましてご覧下さいね!

(監督)山田洋次
(出演)吉永小百合、浅野忠信、壇れい、志田未来、佐藤未来、坂東三津五郎、中村梅之助、笹野高史、でんでん、近藤公園、吹越満、左時枝、鈴木瑞穂、戸田恵子、大滝修治、笑福亭鶴瓶
ほか…
(原作)野上照代著 「母べえ」(中央公論新社刊)
(制作・配給)松竹㈱

http://www.kaabee.jp/

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」
●映画館でしか手にはいらない「ルイスと未来泥棒」のオリジナルパズル付きドリンクカップ
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、「ルイスと未来泥棒」の公開を記念して、オリジナルパズルつきのドリンクカップが発売!数に限りがありますので、お早めにどうぞ!
「ルイスと未来泥棒ドリンクカップ」
ソフトドリンクラージサイズ ¥700(税込)
●ワーナーマイカル限定!「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」
好評発売中!
12月22日(土)ロードショー、『シナモン the MOVIE』(同時上映『ねずみ物語』)の公開を記念して、オリジナルのポップコーンバケットが登場!かわいい宝箱の形をしたシナモンのバケットは、ワーナー・マイカルでしか手に入らない限定品!売り切れ次第、販売終了なので、ぜひこの機会にお買い求めください!
「シナモン the MOVIE オリジナルポップコーンバケット」¥800(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和
営業時間・毎日 朝10時OPEN
(お問い合わせ)TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172
(PC) http://www.warnermycal.com/cinema/nishiyamato/
(携帯) www.warnermycal.com/i







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。