京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

2007年11月22日

石野さんのHPに関して…

石野さんのHPは、これからも暫くは運営されていくとのことです

自らが置かれている厳しい状況に屈することなく、前向きに『生きる』ということに対するメッセージを、そして同じく病気で苦しむ人々を励ますべく魂の熱唱と共に、限りないエネルギーを放射し続けてくれた石野さん。
その意志は何時までも色褪せることなく、今日そして明日と、これから先の未来を生きてゆく私達にとって、きっと素晴らしい心の糧として引き継がれていくことかと思います。

テレビ出演と共にHP継続のメッセージが掲示されていました。
以下、その内容です。
又詳しくはHP等を御覧下さい。



                                                               

最新放送予定

11月19日 TBS系 News23 22時54分より
12月 6日(木曜日) NHK総合 23時より
      にっぽんの現場 (予定)


※今回、この番組制作趣旨に、ご協力させていただくことが、何か役に立てることになればと願っております。
是非とも皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。
これは、石野が取材を請けさせていただいた意図を
大切にするものと信じております。


--------------------------------------------------------------------------------

今暫くのサイト継続のお知らせと、お願いです。

「多くの皆様に応援いただき、また、数多くのメッセージをいただきました。本当に感謝申し上げております。
石野は、旅立ちましたが、まだまだ、毎日、闘っていらっしゃる多くの方がいらっしゃる事を忘れないようにしたいと思っております。
それぞれの方が、不合理な事も多く抱え生活されていらっしゃることと思います。
特に、パワーの無い状況に追い込まれて初めて問題を感じることも多くあると思います。
病気と闘うことは、同じ車椅子でも障害者としての扱いもなく、移動することすらたいへんな思いをします。
また、地方格差は、病院の医療レベルでも現場の意識も様々です。なぜに東京まで治療に来ないといけなかったのでしょうか?
PET癌検診だけで、安心させてしまう勘違いした告知のあり方の為に対応が遅れてしまうこと。
今、回復に向けて毎日を過ごされている方にこそ、気がついたことがあれば、どの掲示板でも書き込み下さい。
また、多くの報道関係者には、この一年間の記録を残していただけたこと、石野の意図した取材を請けるという意味をご理解していただいて、感謝申し上げております。
人が死んでいくという報道のあり方についても、書き込み下さっても結構です。
多くの方に報道をご覧になって、 病気の人だけでなく、普通に生活して普通に仕事をして、生きる元気をほんとうに幸せと感じさせることが出来たでしょうか?
病院の生存率だけの評価、末期の緩和医療のあり方、など、様々なことがありますが、難しい意見は必要なく、ただ、それぞれの方が、不自由に思うことなど、感じたままの思いがあれば気軽に書き込みいただければと思います。
今暫く、石野見幸の生きてきた痕跡のサイトをそのままにさせていただこうと思います。

お通夜、お葬式にたくさんの方にご参列いただき有り難うございました。
また、東京の大学病院の先生方をはじめとする医療関係の皆様には、特にお世話になりました。
人にはどうしようもない事がまだまだ有りますが、石野のように、今、(カレント)CDの題名のように、今を生きる事の積み重ねだと思います。
書き込みいただいたメッセージは、石野の携帯メールとして転送されていましたので、すべて、直前まで読ませていただいていました。
有り難うございました。 」

石野さんHP

http://mico3.com/




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。