京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

2007年10月20日

グッドシェパード(10/21)

またまた映画のご案内!
今回も素晴らしい作品ご紹介だい!

Swinging Street Second



ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画

ワーナーさんにて、2007 10/20(土)から公開になっている作品。
いくつ愛を失くせばこの国を守れるのか?
CIA誕生に総てをささげた男の物語。
ロバート・デ・ニーロ監督作品。
脚本は、フォレスト・ガンプのエリックス・ロス

「グッド・シェパード」

をご紹介します!

製作総指揮が、あの歴史的名作「地獄の黙示録」でお馴染みのフランシス・F・コッポラ!
(最近では、あの「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラのお父さんといった方が通りが良いかも~。)
そして監督には「ゴッド・ファーザーPART2」、「レイジング・ブル」で2度のアカデミー賞の栄誉に輝いた“現代最高の名優”と称される、かのロバート・デ・ニーロで御座います!!
そのデ・ニーロが何と13年ぶりに監督の座にカムバックし、情熱を迸らせ、製作に打ち込んで完成させたのがこの作品「グッド・シェパート」!
マット・デイモン、そしてアンジェリーナ・ジョリーをはじめとする歴代オスカーを受賞してきた名優達に、同じく賞レースの常連である一流スタッフ陣を贅沢にもズラリと揃え、まさにデ・ニーロの出世作である「ゴッド・ファーザー」を彷彿させるような絢爛豪華なスタッフによって作られたこの物語は、今もって大国・アメリカを影の側面から支え続ける諜報機関・CIA(アメリカ中央情報局。因みにCIAは第2次世界大戦の際に発足されたOSS・戦略事務局を母体とする組織。創設当初は17~18人でスタートしたそうであります!現在は2.9万人を擁する一大諜報機関である!)の創設にかかわり、厳しい米ソ冷戦時代をスパイとして、そして、ひとりの家庭人として、悩み苦しみながらも歩み続けた男の半生にSPOTをあて、驚くほどに正確な時代考証を背景として描き出された格調高くも、壮大なヒューマン・ドラマであります。
CIAと自身の家族の狭間で、心引き裂かれてゆく主人公・エドワードに“マット・デイモン”(当初はレオナルド・デカプリオにオファーをしていたそうだが、断られて彼に落ち着いたそうな!)が扮し、そして、愛し合って結ばれながらも、長い結婚生活の果てに感情をすり減らしていく悲しきエドワードの妻・クローバーを“アンジェリーナ・ジョリー”が演じます。
他には、「ディパーテッド」のアレック・ボールドウィン、「ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス」のウィリアム・ハートといった芸達者達が脇を固める此の映画。
(勿論、デ・ニーロご当人様もスクリーンに登場致しまするぞよ!)
史実に基づいた目から鱗のエピソードも満載ならば、ストーリーも素晴らしく、誰もがその感動に胸焦がす事請け合い。
是非、此の秋は、組織と家族―2つのファミリーに引き裂かれる男と女の物語と、アメリカの衝撃の素顔が浮き彫りとなる緊迫のドラマが、デ・ニーロの絶妙なる匙加減で交錯し、鮮やかにもスクリーン一杯に映し出される激動の問題作、「グッドシェパード」を御覧くださいませ!

(内容)
1961年、亡命キューバ人部隊のピッグス湾上陸作戦が、CIA内部の情報漏れによって失敗。組織が窮地に追い込まれる中、作戦の指揮を取った諜報員エドワード(M・デイモン)のもとにスパイの存在を匂わせる1本のテープが届く。そのことが発端でエドワードは国を守るか、家族をとるかの、難しい決断を迫られる。
そして…。

http://www.goodshepherd.jp

サントラCD:ジェネオン エンタテイメント/ランブリングレコーズ
ノベライズ:ソフトバンク クリエイティブ 配給・東宝東和

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

お客さまからの多くの要望にお応えして…
★「殯(もがり)の森」11月10日(土)~16日(金)1週間限定上映!★
11月10日(土)河瀬直美監督の舞台挨拶も決定!!
第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞
「殯(もがり)の森」
日本人監督として17年ぶりに、そして女性監督としてカンヌ国際映画祭史上初のグランプリを受賞。河瀬直美の渾身作!
奈良県東部の山間の地にあるグループホームに暮らす、亡くなった妻との思い出とともに静かな日々を過ごすしげき(うだしげき)と、そこにやってくる新任介護福祉士真千子(尾野真千子)。その2人の交流を通じ、生と死を静かながらも力強く描いた河瀬監督の映像世界。
当館では11月10日(土)より1週間のみの限定上映です。
また、西大和での上映を記念して、11月10日(土) 河瀬直美監督による舞台挨拶が決定!
※実施時間は未定となっております。決まり次第お知らせいたします。
★1コイン(¥500)『アンコールシネマ』開催決定!★
お客様のご要望が多かったあの名作を“1コイン”¥500にて一挙上映!
ぜひこの機会にご覧下さい!!
★上映作品★
●【10月13日(土)~26日(金)】現在公開中!
 「ローマの休日」(製作50周年記念デジタル・ニューマスター版)
●【10月22日(月)~26日(金)】
 「武士の一分」
●【10月29日(月)~11月2日(金)】
 「幸せのちから」
※上映時間未定。詳しくは上記「アンコールシネマ」バナーをクリック!
★おかげさまで7周年!感謝の気持ちをこめて11月24日(土)は1,000円ディ!★
皆様のあたたかいご愛顧に支えられ、ワーナー・マイカル・シネマズ西大和は今年12月をもちまして7周年を迎えます。
そこでみなさまへの日頃の感謝の意を込めまして、11月24日(土)を全作品1,000円均一のサービスディといたします。
11月は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「yes!プリキュア5」「ミッドナイトイーグル」など話題作も盛りだくさん!
是非この機会に皆様お誘い合わせの上、お越し下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち致しております。

●ワーナーマイカルシネマズ西大和 

TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。