京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

2007年07月29日

広沢タダシさんインタビュー

去る7/22(日)、タワー橿原店主催で行われた恒例のインストアライブにご登場された「広沢タダシ」さん。
本日21:00よりオンエアーされるFM81.4「Swinging Street Second」にて、その際に収録させていただいたインタビューを、カットすることなく9:14秒、どど~んと大公開!
是非、面白い話満載なんでお聞きください!でも残念ながら悲しいことにFM81.4はコミュニティ放送で、猫の額ほどしか電波が届かない~。
ということで、ここに活字にてその模様を一部始終再現!
当日の貴重なフォトもあわせて載せて起きますのでとくとご覧くださいませ。ネ!



広沢タダシ・インタビュー

―7/22(日)、本日もタワーレコード橿原店恒例のインストアライブがダイヤモンドシティ・アルル1Fに在ります、サンシャインコートで開催され、そこに今年2/24(土)に引き続き、「広沢タダシ」さんが、なんと二回目のご登場!
14時と16時からの2度に亘るミニライブ&サイン会を行うというスケジュールの中、またまたその合間を縫うような形で、人の迷惑顧みず、お時間をば拝借いたしましてインタビューをさせていただくこととなりました!
~どうも。お久しぶりです!

(広沢タダシさん・以下H表記させて頂きます。)どうも、お久しぶりです。

~前回は、東京は「品川教会」での長丁場のワンマンライブのその翌日という強行軍でご登場、今回も、当番組(Swinging Street Second)もオンエアーされていますFM81.4(ハイホー)のサテスタに、午前中出演していただいたわけですが…。~

H・やっと行かしていただきました。有難う御座います。楽しかったです!

~いえいえ、こちらこそ有難う御座います。そこでもナマということで一時間にわたりおしゃべり頂いたので内容的に重複するところはあろうかと思いますが、今一度改めてお話をということでお願いしたく思います!~

H・はい。

~今回予め、HPなど拝見させていただきましたら、現在体重52.4Kということで…。

H・あ、そうなんですか?でも1ステージやったんで、51Kちゃいますか?

~(笑)あ、そ~ですか~~

H・もっかいやったら50K!

~(笑)で、日本一の痩せアーティストで、「痩せの大食い」なるタイトルのもと、ブログを展開、広沢タダシを太らせましょうというキャンペーンを張られてたりするわけですが、もともとからメタボリックとは見事無縁そうな、羨ましくもそんな細い体だったんですか?~

H・(笑)太ったことないですね。何食べても太らない!

~あと、美味しい店をご紹介ください!なるブログも設けられ、色んな評判のお店の情報も集められているようですが~

H・今回も沢山、奈良のお土産頂いて。クッキーやら煎餅やら。色々~。これ、帰りに食べますわ。
50Kになったんで、2K増やしますわ。

~(笑)なるほど!これチョコですか?~

H・ちゃいますわ。これ「大仏の鼻くそ」*(笑)

~あ~そうですか!こんなん僕もはじめて見ますわ。(笑)

*「大仏様の鼻くそ」降れば祈願成就の音がする!大仏さまの鼻くそ”の真中には羅髪(らぱつ:大仏さんの頭のイボイボ)のような菓子玉を六つ入れています。願いを込めながら振ってみてください。
しかも、お口に含めば願いが叶うかも・・・!
米や水飴・黒砂糖を原材料とする岩石のような黒いお菓子でした。



~では余談は、この辺しまして今回は、2007.6/20.に発売となりましたニューアルバム「アイヲシル」を引っさげての登場ということで、そこにSPOTを当ててお話の方お伺いしたいと思いますが。
先ずはタイトルに関して。
ふと私のほうで思ったんですが、タイトルの「アイヲシル」ですが、別にひらがな表記で「あいをしる」でも、漢字でオーソドックスに「愛を知る」でも何でもよかったと思うんですが、敢えてカタカナにしたのは何か思うところがあってのお話しですか?~

H・ありますね。カタカナにしたのは漢字とひらがなで「愛を知る」と書くと、「愛を知る」っていう動詞(?)みたいになってしまって。
今回、アルバムで描きたかったのは「愛を知るということはどういうことなのか?」という問題提起が先ずはあって、だけどそのままではなく、「愛を知るということ」をもっと短くし、「愛を知る」で言葉をとめた時に、カタカナ表記にすると、やっと動きの無い一つの単語に近づいた印象があって。
これが日本語の非常に繊細なところであって、カタカナ表記にするだけで、ちょっと自分の伝えたいニュアンスが演出できたかなと思い…。

~なるほど。広沢さんの感覚としてはそういった想いのもと、今回はカタカナ表記にしたと。~

H・そうですね。

~「虹のつづき」「桜の絨毯に乗って」「夢の中で君が泣いてた」「夢色バス」と今回のアルバムにはお馴染みのHITシングルを初め、種々様々な作品が収録されているわけですが、アルバム製作にあたり今回はこんな感じで行こうとか、何か考えられたりされたんですか?~

H・何時もそうなんですけど、最初は何にも考えず曲を書いていって、途中で一回立ち止まって、出来上がっている曲を見直すと、不思議なことにその曲たちの中に共通点と言うかそういうものがあって。
今「自分が考えていること」、「大切にしてること」が、そんな中から浮かび上がって見えてくるんですよねぇ~。それを拾って「あっ、今回はこれやな!」「自分が歌いたいのはこれの筈や!」というので気づくんですね。
今回は結構切ない曲が多くて、切ないけど…。その、この切なさは絶対無駄じゃないし。
で、「アイヲシル」というタイトルなんですけど、愛を知ったら切ないですよね。愛を知ると幸福になれたり、総てが上手くいくように思えたりするものですが。勿論、幸福なことは沢山ありますけど、それだけじゃない気がしてね。本当のモノを見つけたときに、逆にそれを失った時は絶対淋しいし、失うと思うだけで切なくなるし、色んな見たくないものがそこで見えてしまう…。タイミングやと思うんですよ。
だから今回は「愛を知った」あとの切なさを描いてるんですけどね。

~なるほど。(新譜宣伝)チラシ等を見せていただいても、「愛を知るということは、なんて深い傷なんだろう…」とこういう風に書いてあるんですけど、この言葉にそういった想いが集約されているみたいなところは当然ある?~

H・そうですね。そこは大きいですね。

~それと、このアルバムの連動企画ということで、去る6/5~6/30迄、東京は麻布十番にあるBar・インフォキュリアスで、カメラマン隆(たかし)俊作氏が撮りおろした未公開写真の展示が行われたわけですが、こちら京阪神の方ではそういった企画は無いんですか?

H・声はあるんですけど、なかなか。ちょっと今んとこ予定が無くて…。

~たとえば、地元八尾駅前・小阪楽器で開催とか。…(笑)。~

H・ウオッ。(苦笑)まあね。ちょっと考えます。それは!又違う形で、大阪は大阪なりの、奈良は奈良なりの何かが出来たらいいなぁ~とは正直思ってます。

~ファンは絶対思ってますからね!~

H・それは受止めてますから!

~で、次回ワンマンがこの関西方面では、ちょっと先になりますが、12/27に「なんばHatch」で開催される運びですが、その間でコンサートやイベント等、何かご予定あれば聞かせて欲しいんですが~

H・8月・9月もイベントで来ます!HPで見てもらおうかなぁ~。

~最後に、この放送をお聞きの広沢さんのファン、ならびにリスナーに向けて何かメッセージあれば、頂戴したいのですが!~

H・「アイヲシル」、やっと出まして。
あのね、夢持ってたり、恋をしたりすると破れるでしょ。結構、僕も何時も破れるんですけど。
当然、破れれば切なくも痛いんですけど、痛いのも悪くないなぁ~とアルバム作りながら思ったんですよね。それっていうのも痛いというのは夢と向き合えてた証拠やし、恋愛がホンモノやった証しなんでね。無駄やないし、美しいなぁ~と。
そんな事想いながら製作したアルバムなんで是非にとも聴いてください!
年末12/27の「なんばHatch」、これに向けて僕もエンジンかけて行きますんで、それに是非ついてきて頂きたいと思います!

~皆さんも是非、「アイヲシル」をお買い求め頂き、予行演習とヨロシク聴きこんで、これからエンジンをかけてゆく広沢サンのスピードについていって欲しいと思いますね。

H・ヨロシク!

~有難う御座いました!今後のご活躍お祈りしております。
今日は、7/22タワーレコード橿原店インストアライブ.に、2月に続いて捲土重来、再びの登場となりました広沢タダシさんにお話をお伺いしました。どうも~

H・有難う御座いました。









(2007/07/22 SUNDAY  タワーレコード橿原店主催インストアライブの際に、奈良県橿原市ダイヤモンドシティ・アルル2F楽屋にて収録。9分14秒)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。