京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年11月25日

ミッドナイトイーグル

色々あって、ここんとこ自分がやってるラジオ(FM81.4 Swinging Street Second 毎週日曜・21:00~ FM81.4HP:タイムテーブルでご確認のほどを!http://www.fm814.co.jp/program_7_sun.html )での映画情報が滞っていたんですが、月変わって12/2からの分ではしっかりお届けしますので、是非お聴きくださいね!
(また一足早く、その内容ここにUPしておきます!)

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー
このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画

ワーナーさんにて、2007 11/23(金・祝 勤労感謝の日)から公開になっている作品。
2007年から2008年の、この年末年始において最も注目を集めている作品!
日本滅亡のカウントダウンが始まった。あと48時間。猛吹雪の北アルプスで、男達は命を懸けた。愛するひとを守る。ただそのためだけに。
「もう、誰も失いたくない。」





ミッドナイトイーグル

高嶋哲夫(文芸春秋刊)の小説を原作に、誰もが想像できなかった壮大なスケールを持って完璧に映像化。邦画史上最大のスケールの山岳サスペンスアクション映画といわれるこの作品「ミッドナイトイーグル」は、安穏として無防備に平和を享受する我々に向けて警鐘を鳴らすかのごとき緊張と、「愛するものを守るということはこういうことなんだ!」というアンサーをも与えてくれるようなリアルな仕上がりとなっている。
かって世界中の戦場を、カメラを片手に駆け回っていた西崎優二(大沢たかお)は、或る日、彼を襲った一つの出来事をきっかけとしてカメラを置く決意をする。
心に深い傷を負い帰国した西崎を温かく迎え、支える妻・志津子。が、彼女もまた病に倒れこの世を去ってしまう。
「それもこれも全ては自分のせいだ!」と自らを責め続ける西崎は、その生活の場を、雪深い山奥に求めひとり星空を撮影する日々を選び過ごしていた。
或る日、レンズを向けた夜空の先に轟音と共に、謎の赤い光。
反射的にシャッターを切るもそれは稜線の向こう側に消えていった。
その頃、総理官邸では緊急事態を告げる一報が米政府から届いていた。その内容は「米軍のステルス爆撃機、“通称・ミッドナイトイーグル”が北アルプス山中に墜落」と言う国家的な危機をにおわせる緊迫の内容だった。
 機体回収のために北アルプスに向かう真っ白な制服を見に纏った自衛隊。同じく西崎も高校の山岳部の後輩で、東洋新聞の記者である落合と共に赤い発行体を追うべく北アルプス山中に向かった。
一方と東京では、志津子の妹・写真週刊誌「WISE」記者の有沢慶子(竹内結子)が落合から送られた写真の謎を探るべく動き回っていた。姉を死に追いやった存在として、義兄・西崎を憎みながらもその息子・優を引き取り育て続けているその慶子だったが、取材の果て、ある工作員と接触、その恐るべき真実の全容を聞き出し愕然とする。
そして西崎と落合もまた、山中で遭遇した特別編成部隊隊長・佐伯昭彦三等陸佐(吉田栄作)から真実を知ることとなる。
―ミッドナイトイーグルに搭載されたある特殊な爆弾の時限装置は、墜落と同時に、既に起動していて、それが万が一爆発すれば、この日本は…―
愛するものの命を守るため、自らを犠牲にし、見えざる敵に戦いを挑む勇猛果敢なる男達!
北アルプスと東京を結び展開される壮絶なサスペンスアクション。
その結末はいかに…。(日本が木っ端微塵になることは無いでしょうが…)
あとは映画本編を見てのお楽しみということで~。

監督:成島 出(なるしまいずる)(T.R.Y.  フライ,ダディ,フライ)
脚本:長谷川 康夫、飯田健三郎
音楽:小林武史(主題歌・「はるまついぶき」by Bank Band)
ap bank  
http://www.apbank.jp
(出演)大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、袴田吉彦、大森南朋、石黒 賢、藤 竜也etc.
(配給)松竹   
http://www.midnighteagle.jp

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!! 」

★プレミアムキャラメルポップコーン・期間限定発売★
ついに!!キャラメルポップコーン登場!ワーナー・マイカルのポップコーンと同じ豆を使って作り上げた特製オリジナル商品です。また、カリウム・マグネシウムなど豊富なミネラル分を含むブラウンシュガーを使用、鍋でジックリと時間をかけて煮込む昔ながらの製法で、キャラメル本来の深みのある味に仕上げています。このプレミアムなワーナー・マイカルオリジナルキャラメルポップコーンをぜひお試しください!
「プレミアム キャラメルポップコーン」¥400(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和 TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i

Swinging Street secand!!
(12/2分ON AIR・ダイジェスト)



FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG!

(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!
http://swingingsecond.ko-co.jp/

  


Posted by footstomp at 09:36Comments(0)

2007年11月22日

石野さんのHPに関して…

石野さんのHPは、これからも暫くは運営されていくとのことです

自らが置かれている厳しい状況に屈することなく、前向きに『生きる』ということに対するメッセージを、そして同じく病気で苦しむ人々を励ますべく魂の熱唱と共に、限りないエネルギーを放射し続けてくれた石野さん。
その意志は何時までも色褪せることなく、今日そして明日と、これから先の未来を生きてゆく私達にとって、きっと素晴らしい心の糧として引き継がれていくことかと思います。

テレビ出演と共にHP継続のメッセージが掲示されていました。
以下、その内容です。
又詳しくはHP等を御覧下さい。



                                                               

最新放送予定

11月19日 TBS系 News23 22時54分より
12月 6日(木曜日) NHK総合 23時より
      にっぽんの現場 (予定)


※今回、この番組制作趣旨に、ご協力させていただくことが、何か役に立てることになればと願っております。
是非とも皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。
これは、石野が取材を請けさせていただいた意図を
大切にするものと信じております。


--------------------------------------------------------------------------------

今暫くのサイト継続のお知らせと、お願いです。

「多くの皆様に応援いただき、また、数多くのメッセージをいただきました。本当に感謝申し上げております。
石野は、旅立ちましたが、まだまだ、毎日、闘っていらっしゃる多くの方がいらっしゃる事を忘れないようにしたいと思っております。
それぞれの方が、不合理な事も多く抱え生活されていらっしゃることと思います。
特に、パワーの無い状況に追い込まれて初めて問題を感じることも多くあると思います。
病気と闘うことは、同じ車椅子でも障害者としての扱いもなく、移動することすらたいへんな思いをします。
また、地方格差は、病院の医療レベルでも現場の意識も様々です。なぜに東京まで治療に来ないといけなかったのでしょうか?
PET癌検診だけで、安心させてしまう勘違いした告知のあり方の為に対応が遅れてしまうこと。
今、回復に向けて毎日を過ごされている方にこそ、気がついたことがあれば、どの掲示板でも書き込み下さい。
また、多くの報道関係者には、この一年間の記録を残していただけたこと、石野の意図した取材を請けるという意味をご理解していただいて、感謝申し上げております。
人が死んでいくという報道のあり方についても、書き込み下さっても結構です。
多くの方に報道をご覧になって、 病気の人だけでなく、普通に生活して普通に仕事をして、生きる元気をほんとうに幸せと感じさせることが出来たでしょうか?
病院の生存率だけの評価、末期の緩和医療のあり方、など、様々なことがありますが、難しい意見は必要なく、ただ、それぞれの方が、不自由に思うことなど、感じたままの思いがあれば気軽に書き込みいただければと思います。
今暫く、石野見幸の生きてきた痕跡のサイトをそのままにさせていただこうと思います。

お通夜、お葬式にたくさんの方にご参列いただき有り難うございました。
また、東京の大学病院の先生方をはじめとする医療関係の皆様には、特にお世話になりました。
人にはどうしようもない事がまだまだ有りますが、石野のように、今、(カレント)CDの題名のように、今を生きる事の積み重ねだと思います。
書き込みいただいたメッセージは、石野の携帯メールとして転送されていましたので、すべて、直前まで読ませていただいていました。
有り難うございました。 」

石野さんHP

http://mico3.com/

  


Posted by footstomp at 06:39Comments(0)

2007年11月16日

石野見幸さんを偲ぶ…。

FM81.4(西大和)から、私がお届けしているラジオ番組「Swinging Street Second]では…

(FM81.4の特別予告ページ御覧下さい!  http://www.fm814.co.jp/special.html )

11/8に亡くなられた石野見幸さんを偲び、予定を変更して11/18(日)21:00~22:00まで(再放送は23日、午前2:00~3:00)は、「カレント」全曲オンエアーします。可聴地域の方はぜひお聴きください。
また、お聴きになれない方は、このブログに番組内容(今回、何時も以上に話がかなりとっ散らかってしまいましたが…)UPしておきますので、カレント聴きながら御覧下さい。

(皆さんからのメッセージ・コメントもお待ちしてます!)
http://www.fm814.co.jp/




皆さん、今晩は。
これからの1時間は、このFM81.4、FM西大和からお届けさせていただきます、「Swinging Street Second」にお付き合いくださいませ。
お相手させていただきますのはDJ PONCHANG!ことT・KARAKAMAで御座います。
さて既にニュース報道などで、ファンのみならずともご存知のことかとは思いますが、去る11/8(木曜日)、午後3時頃、ジャズ・シンガーの石野見幸さん(本名・美幸さん)が、残念ながら神戸の病院で「がん性腹膜炎」の為に35歳の若さながらお亡くなりになりました。
思い返せば昨年12月9日、偶然目の当たりにしたお昼のワイドショーを通じ、がんにより余命一ヶ月という過酷な宣告を医師から受けながらも、ひたむきに命の炎を燃やし続けては真摯に人生と向かい合い、大好きなジャズを懸命に歌うそんな彼女の姿に胸を打たれ、今日に至るまで私は彼女の私設応援団宜しく、精一杯のエールと共に少しでも何か具体的にお手伝い出来ることはないかと考え、甚だ微力乍らも宣伝広報部長をかってでるかのごとく、この番組やブログを通じファンの一人としてバックアップさせてもらってきました。
 7月16日のブルーノート大阪では、楽しくも和気藹々なるサマーライブを開催。喝采と拍手の渦巻く中、熱唱。クオリティーの高い歌と力強い演奏で大成功を収めました。(勿論私もその日のステージを見るべく、ブルーノートに駆けつけました!)更にはその勢いを駆って、東京は赤坂にある宇崎竜童・阿木耀子のおしどり夫婦がオーナーのお店「ノーヴェンバーイレブンス1111」で、横田明紀男BANDと共にステージに立っては、その魅力溢れる歌声を今度は東のファンに向けて披露する筈だったのですが、結局歌を唄えるコンディションにはないということで一旦キャンセル。治療に専念して、「今一度仕切りなおしを」と努力していたその矢先、力尽きては我々が住む世界とは違うところへ、羽衣をまとって、本当の天女として旅立たれていってしまった訳です。
日々、抗がん治療による痛みとの戦い。それでもジャズを歌うことへの情熱を忘れず、また、再びステージに立つチャンスは到来するだろうと信じて、最後の最後まで彼女は持ち前の辛抱強さで乗り切ろうと思っていた筈です。でも、10月10日のHPでのメッセージを最期に、見幸さんは延命治療を拒み、潔い死を望まれたいうことです。
私の元には、今micoさんから頂いた直筆の手紙とポスター、そして何本かのメールが『あの日』のまんま残されています。
そして、その中にこんな一文があります。
~細々ながら歌を愛し音楽に支えられて来たこのあたしは、ジャズを歌うようになりやはりブルーノートは高いハードルとしてほんのりと夢見てきました。また今年の夢と掲げる事で自分を奮い立たせて参りました。苦しくも病気を通じて出演することを恥と思う日もありました~
これは最愛のお父様を亡くされた後に頂戴したメールですが、「病気を通じて出演することを恥」というのは、きっと頑張りやの彼女としては「同情されての出演なんて!」という、アーティスト/シンガーとしてのプライドが、正当に評価され実力で勝ち取りたいという真っ直ぐな想いがその台詞を言わしめるに至ったと思うのですが、でもその後に「ありました」と続くのは、これは応援してくれる人達のために、また同じ病気で苦しむ人たちへの励まし・後押しが自分に出来ればというところから思い直して、改めてそのステージに向け力強く準備を始められたという決意表明だったと解釈しています。
で、実際に、その当日のブルーノートのステージというのは、私のみならず御覧になった方々すべてが同じ印象をお持ちになったことだろうと思うのですが、歴代、そのステージを華やかに飾った有名ミュージシャン達と十二分に渡り合うだけの素晴らしく内容の充実されたライブを披露してくれて、純粋に楽しい「奇跡の一夜」として鮮やかに、今も脳裏に記憶されています。
いずれにしても、何時かは一度、番組の1時間枠を全て費やし、石野さんの特集をしようと思っていた訳ですが、まさかそれがこんな追悼という形で行うことになってしまうとは思ってもいませんでした。
兎に角、今日はブルーノートのLIVEのそれと同じように素晴らしい楽曲が沢山網羅され、石野さんの魅力満載の「カレント」から、時間の許す限り彼女の歌声をオンエアー。そして静かに彼女の生前の姿を偲びたいと思います。
それではどうぞ!

1.I’ve Seen That Face Before(LIBERTANGO)
アイヴ・シーン・ザット・フェイス・ビフォア
2. I’m a Fool to Want You
アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
3. Goody! Goody!
グウディー・グウディー
4. 粋な別れ
5. Coracao Vagabundo
コラサォン・ヴァガブンド

石野見幸さん・プロフィール

兵庫県出身。神戸女子短期大学を卒業後、メイクアップアーチストを志し、その仕事と共に、この時期より「ジャズ・ボーカリスト」としての練習もスタートする。1997年5月よりアローミュージックスクールのボーカルレッスン生として古屋さと子氏に師事し、スタンダードジャズを中心に、ボサノバ等の幅広いレパートリーを習得。そして活動の場所を、京阪神のライブハウスやホテルラウンジのステージ等々に求め、ライブ出演を始める。
その後、大きな病いを患うこととなり、つまずくも、その際に「どう生きるかが大切と思った。命を授けてくれた両親に歌声を残そう」とCD製作を思い立ち、紆余曲折を経ながらも精一杯の努力で、昨年、12/25に晴れて、素晴らしい透明感溢れるクリスタルのような歌声と名曲の数々が収録された1stアルバム「カレント」を発売する。その後も辛い治療の日々は続くものの、7/16(祝・海の日)には大阪ブルーノートにて「サマーライブ」を開催。大成功を収め、またその模様はテレビなどのメディアを通じ大々的に報じられてはさらなる注目を集める。10/17には東京・赤坂のノヴェンバーイレブンスで横田明紀男バンドとのコンサートを予定していたが、その後の体調不良から断念。そして11/8(木)午後3時、「がん性腹膜炎」のため、神戸の病院にて永眠。享年35歳。

6. Forgotten Doll(人形の家)
7. You’ve Got A Friend
ユーヴ・ガッタ・ア・フレンド
8. Teach Me Tonight
ティーチ・ミー・トゥナイト
9. LOVE


最後に…。
11/10の姫路・クレリ野里ホールでの葬儀には参列できませんでしたが、私なりの思いをこめてメッセージだけはお送りしました…。
「命は尽きても、肉体は滅んでもあなたの歌は永遠に私達の心に灯を点すことでしょう。本当に有難う。そしてまた何時かお会いしましょう。
さようなら。」

慎んでmicoさんのご冥福をお祈りいたします。


そして、エンディングは何時もと同じく…(この番組が続く限りはこの曲は流し続けます。)

I’m a Fool to Want You
アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー

*7/16のライブレポート、此処に再録しておきます。
あの日のライブは本当に最高でした。
カレントをお持ちの方はカレントを聴きながら、残念ながらお持ちで無い方は是非お買い求め頂き、あの日の最高のライブを追体験してくださいね!




待ちに待った!石野見幸さんのサマーライブに行ってきました。

名演の数々をその歴史と刻みながらも、残念ながら8/8(水)にグランド・フィナーレを迎える大阪ブルーノート。
その夜の石野さんのステージは、まさにそんな、近くエンディングを迎えるブルーノートの舞台を鮮やかに彩り、そして暖かな沢山の想いを心豊かに感じさせる素敵なもので、過去の数多ある名演に優るとも劣らない堂々たるライブであったと思います。

私は、直前に1stから、2ndステージの方にお邪魔させていただくこととなり(マネージャーの遠藤様にはホントにお手数をお掛けしました!)、19:40過ぎに入店。
ステージ向かって左側・サービスエリアのカウンターの端っこに坐り、暫し、ゆっくりして20:30の開演を待つことに。
客電が落ち、先ずはバンドのメンバーが次々とステージに現れ、各々の楽器を手に取り演奏がスタート。
小気味良いビートが心地よいスウィンギングなイントロダクションの後、本日の主役である歌姫micoさんが、颯爽と艶やかなりしタイトなドレスを身に纏い、満を持しての登場!
思っていた以上に顔色もよく、なんだか先ずは一安心。
(足元がふらついて見えたのはハイヒールのせいか?)
当然客席は、割れんばかりの歓待の拍手!


ではでは、ドキュメント・実況風に昨日のステージを振り返ってみましょうか~。


1曲目は、カレントでもお馴染み、陽気でお茶目な感じのナンバー「Goody! Goody!」
何時もCDで聴いてはいるけど、直にライブで生歌として聴くと、さらにイカシてて、ホント感動的!

2曲目は、「I'm a Fool to Want You」

3曲目は、ブラジルの国民的な歌手・カエターノ・ヴェローゾのナンバーで、ポルトガル語が一際、異国情緒を感じさせ、ファドと同じくリスボンなどの下町の風景(ブラジルじゃないけど…。)がイメージの中、立ち昇ってくるような佳曲「コラサォン・ヴァガブンド」

4曲目は、鷲見さんのBassのみで1コーラス目を聴かせる弘田三枝子さんのカヴァー「人形の家・Forgotten Doll」

ここで、今年4月になくなられたお父様のことに触れ、思い出の曲を何曲かと前置きし…
5曲目は、プラターズの「トワイライトタイム」

6曲目の前で、一旦姫は楽屋へ。
残るメンバーで、またまた賑やかにプレイ!
各パートのソロがあり、特に此処ではサックスのエキサイティングな掛け合いが印象的でした。

暫くして、衣裳替えしたmicoさんが再び登場。
客席に深々とお辞儀をして、私なんかはジャニス・バージョンで馴染み深いんですが。
次なるナンバーは、(7曲目)「サマータイム」
この曲のアレンジ(リフレインするフレーズがかっちょよくてね!)がなかなか渋くてよかったです!

8曲目は、同じく「カレント」の8曲目に収録されている「Teach Me Tonight」(今夜教えて)

9曲目は、よくTVなどでも紹介されている石原裕次郎さんの「粋な別れ」
(本日が、何回目かのボスの命日とのお話でしたが…。)

10曲目は、お父様からこれええやん!と言って貰ったCDからの曲で、今宵初披露。
グロリア・エステファンの「時の限りに」

11曲目は、「総てのものは変わってゆく…。だけど変わらないのは鳥が鳴くこと。太陽が昇ること。雲から雨が降ること。音楽が私の心を打つこと…。」

「エブリシング マスト チェンジ」

12曲目は、近さんのピアノのみをバックとして…(その前にちょい頭髪ネタがありましたが~。)

ラリー・カールトンの曲 「何がおこっても」
(私はルーム335のイメージが強かったのでこんな叙情的なスローナンバーは意外でした。)


この後、アンコール。
鮮やかなピンクの衣裳に身をつつみ、micoさん、今再びのご登場!
サンバ調の曲でしたが、スミマセン、この曲のタイトルは勉強不足でわかりませんでした。ソ~リ~ですっ。

曲間のMCでは、ちょくちょく涙を見せていた見幸さんではありましたが、それは決して暗く悲しいものではなく、感謝と愛に満ち足りた心がみせた喜びにも似た暖かな涙であり(~と手前勝手に解釈しましたが…。)、それゆえに心打たれるものがありました!
来場してたお客さんも、皆一様に、HOTで、一生懸命の拍手と声援で盛り上げていて、いやいや素敵でした。
勿論バックで、力いっぱいの演奏を披露し、micoさんを終始支え続けてメンバーも格好よかったですね。

この日のメンバーは…

近 秀樹さん(ピアノ) 河田 健さん(アルトサックス) 

鷲見 和弘さん(ベース) のレコーディングでも一緒の気心の知れたいつもの顔ぶれに…

佐藤 英宜さん(ドラムス)+池田 定男さん(ギター)と、東京から応援団として、鈴木 央紹さん(サックス)が、さらにこの日は参加されました!

…ということで、ライブはステージと客席が一体となった形で終始盛り上がり、非常に楽しくも感動的で、溢れんばかりのエネルギーを頂戴しましたね!

「死んだらあかんで~!」
ステージから見幸さんが叫んだメッセージ。

その通り!

生きてこそ花も実もある人生。

私も頑張ります!みなさんも頑張れ!
そして、勿論micoさんも!

どこまでも、諦めず、挫けず頑張って生きてゆきましょうね。お互い…。

そんな想いがいつまでも胸に残る素晴らしいステージだったことを、このサマーライブにいけなかった皆さんにお伝えして、この報告は終わり!

又、次回のステージ、期待してます。見幸さん!

その日を楽しみに…。


FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PON-CHANG! T・KARAKAMA
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)


Swinging Street secand!!

(11/18分ON AIR・ダイジェスト)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます!

http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by footstomp at 22:04Comments(0)

2007年11月09日

訃報。石野見幸さんが永眠されました。



悲しいお知らせです。
…応援していた、石野さんが本日8日永眠されました。
素敵な歌声と、素敵な笑顔と、何より我々に生きる勇気を与え続けてくれた見幸さん…。
本当に有難う、そしてさようなら。
今はこれ以上の言葉が見つかりません…。
ごめんなさい。

石野さんのHPより。

「残念なお知らせをしなくてはいけなくなりました。
本日8日、午後3時過ぎに、神戸の病院で、石野美幸さんは、永眠いたしました。

最後の一年間は燃え尽きるように輝いていました。
多くの皆さんに応援していただきありがとうございました。

特に同じ境遇で頑張っている方からも大きな勇気をいただき感謝しております。

ありがとうございました。

お通夜 9日、金曜日 午後6時30分より
お葬式 10日、土曜日 午後0時30分より
場所 クレリ野里ホール 079-285-1010
姫路市野里952-9
http://www.cleri-net.or.jp/link.cgi?pg=hall/nozato/index.html

カトリック プロテスタントでの葬儀となります。」

http://mico3.com/

合掌。

尚、葬儀の模様はBASSの鷲見和広さんがブログにお書きです。
御覧下さい。

http://bassumi.blog74.fc2.com/  


Posted by footstomp at 02:38Comments(0)

2007年11月09日

ボーン・アルティメイタム



私が毎週日曜夜9時から、FM81.4(西大和)というコミュニティーFMから発信している、ちょいと癖あるエンタメ情報番組

「Swinging Street Second」!

木曜深夜2時からも再放送してますから、可聴地域圏内にお住まいの皆さんは是非、再放送もチェックして丁髷よ!
聴けない方は、このブログで仮想放送をお楽しみください。
ではでは~。

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、2007 11/10(土)公開になる作品。
記憶を消され最愛の人を奪われた世界最強の暗殺者、ジェイソン・ボーン。
全てを取り戻す為、「最後の戦い」を開始する!
究極のノンストップ・アクション。

「ボーン・アルティメイタム」

をご紹介致します。

記憶を失った元CIAの暗殺者、マット・デイモンが演じるところの「ジェイソン・ボーン」が活躍する大ヒット映画「ボーン・アイデンティテイー」「ボーン・スプレマシー」に続く第3弾の完結編。今作では、ついにボーンが自らの忌まわしい過去と対峙(たいじ)し、彼の“自分探しの旅”が衝撃の結末と共に終幕を迎えることとなる。監督は前作『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスが担当。息をもつかせぬスリリングでエキサイティングなドラマ展開と、3つの都市を舞台に繰り広げられる迫力のアクション・シーンが絶品といえる仕上がりとなっている。

(内容)
記憶喪失の男が、狂ったような嵐の地中海沖で救出された…。
その男の名はジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。
究極の暗殺者を養成する米政府の極秘計画“トレッド・ストーン”が生んだ殺しのスペシャリストだ。
が、しかし計画自体が闇に葬られた時、彼の存在は邪魔なものとなり、次々と彼の元には悪辣な殺し屋達が送られてくるのだった。
スイス、フランス、イタリアと、何処へ行こうとも激しい追跡と容赦なる銃弾がついて回る彼の人生…。
しかしそんな彼も、辿り着いた先のインドの地でひとりの女性と巡り合い、やっとのことで平穏で幸せな日々を手にいれるに至った。
が、それも束の間、新たに送り込まれた冷酷なる暗殺者の手によって、彼の生活は見事に壊され、更には最愛の女性の命まで亡き物とされてしまう。
「俺は一体何者なんだ!」
彼の怒りと悲しみは頂点に達し、そして自分を陥れた陰謀を暴くために、たったひとり、復讐の鬼と化し、組織に向けて牙をむくべくアルティメイタム=最終通告を叩きつける!
この後ボーンはどのような運命を辿るのか?それは映画を見てのお楽しみで御座います。ハイ!

監督:ポール・グリーングラス
原作:ロバートラドラム「最期の暗殺者」角川書店刊
音楽:ジョン・パウエル
出演:マット・デイモン
   ジュリア・スタイルズ
   ジョーン・アレン
   デヴィット・ストラザーン  etc.

115分 アメリカ 東宝東和配給

http://www.bourne-ultimatum.jp/

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!! 」

お客さまからの多くの要望にお応えして…

★「殯(もがり)の森」11月10日(土)~16日(金)1週間限定上映!★

第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞
「殯(もがり)の森」
当館では11月10日(土)より1週間のみの限定上映です。

★おかげさまで7周年!感謝の気持ちをこめて11月24日(土)は1,000円ディ!★
皆様のあたたかいご愛顧に支えられ、ワーナー・マイカル・シネマズ西大和は今年12月をもちまして7周年を迎えます。
そこでみなさまへの日頃の感謝の意を込めまして、11月24日(土)を全作品1,000円均一のサービスディといたします。
11月は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「yes!プリキュア5」「ミッドナイトイーグル」など話題作も盛りだくさん!
是非この機会に皆様お誘い合わせの上、お越し下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち致しております。
★プレミアムキャラメルポップコーン10月27日(土)より期間限定発売★
ついに!!キャラメルポップコーン登場!ワーナー・マイカルのポップコーンと同じ豆を使って作り上げた特製オリジナル商品です。また、カリウム・マグネシウムなど豊富なミネラル分を含むブラウンシュガーを使用、鍋でジックリと時間をかけて煮込む昔ながらの製法で、キャラメル本来の深みのある味に仕上げています。このプレミアムなワーナー・マイカルオリジナルキャラメルポップコーンをぜひお試しください!
「プレミアム キャラメルポップコーン」¥400(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和 TEL0745-31-7171
(上映案内)0745-31-7172
(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
DJ
 PON-CHANG! T・KARAKAMA
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

※番組各コーナー総てのBLOGは此方で御覧いただけます

http://swingingsecond.ko-co.jp/


  


Posted by footstomp at 00:08Comments(0)

2007年11月03日

さぬき映画祭

先日、仕事の関係で四国・香川は高松へ。

新幹線(レールスター)で一路岡山へ向かい、そこで何と早くも創業20周年を迎えるJR「瀬戸大橋線」の快速マリンライナーに揺られて高松へ。
で、今回生まれて初めて瀬戸大橋を渡ったんだけど、車窓から見える瀬戸内海の絶景に感嘆すると同時に、生来の高所恐怖症である私としては何とも落ち着きが得られず、ちょっと恐怖~。メッチャ高くて、脱線転覆したらこりゃ間違いなく命無いで!どんだけ~!と心の中で思わずシャウトしてまいました。じゃんじゃん!



で、高松。
駅に到着して、すぐ用足しということで、高橋尚子よろしくバァバァンバァバァンバァン、バァームと「厠」へ駆け込むも、改札内のそれは満員御礼、札止め。鶴田ピィ~ンチ!馬場が出る!(失礼!因みにこの時は大ではなく小の方でしたので、女性よりも尿管が長いという機能的特性もあり膀胱炎の恐れも無く我慢も十二分にOKと。ご安心召されい!心配もしてへんか!)
仕方ないので、自動の改札が全く見当たらない、今時珍しい有人改札を通り抜け、外の便所にて放水開始!じょんじょろりん~。

『ふぁあああああああああああああああああああああああああ~!おりゃあ~』

開放感一杯の大らかな溜息を衝いて、表に出てきたところ“何でこんな臭い所に貼ってるのか?”と思わず訝しがってしまうように「さぬき映画祭」のポスターがトイレ前の壁に堂々貼られていたのである。



「さぬき映画祭」とは…

~「機関車先生」「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」「県庁の星」「UDON」…平成13年4月の「香川フィルムコミッション事業」開始以来、約110件のロケ撮影を誘致、支援し、映画では多数の作品が全国公開され、県の知名度アップや県民の皆さんのふるさとを誇りの醸成、地域の活性化につながっています。
 こうした映画に対する関心の高まりを通じ、映画・映像文化による地域文化の振興と香川の活性化につなげていくため、今年も、全国でも例を見ない「さぬき映画祭2007」を開催します。
 今回で第2回目となる「さぬき映画祭2007」は、香川をイメージできる景観、風土、歴史などを用いた映像作品の企画募集 。映画・映像に関する映像塾(ワークショップ)の開講 。出前上映会(シネマキャラバン)の実施 。映画の上映やシネマフォーラム、トークショーなどの開催
 など、映画・映像に関する総合的な映画祭です。~

…ってな内容の地方都市ながらも非常に充実のイベントであります。
なかなか凄いよね。
興味ある人は又以下アドレスからHP覘いてみてください。

http://www.pref.kagawa.jp/sanukieigasai/

で、この後も、とっぷりと太陽がその姿を闇の向こう側に晦ますまで、仕事から離れることは出来ず、忙しなく一日中動き回っていた。
途中、仕事の現場に当たるホテルの、港や海が一望できるガラス張りの展望台みたいなロビーというかサロンのようなところで休憩。
映画・「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台となった高松市・庵治町の方向を眺め、「亜紀~」とばかりに、その景色を携帯でパチリ。記念に収めてきた次第。



奈良でも、河瀬監督が2010年にはカンヌ、ヴェネチア、ベルリンに負けない「奈良国際映画祭」を開催したいということで、今、真剣に準備に励んでおられるとのこと。また、合わせてその協力者も大々的に募集しているそうだから、ここはひとつ皆で力を合わせて「さぬき」さんに負けぬように頑張ろうではないか!

特に若人諸君。ね!  


Posted by footstomp at 08:27Comments(0)

2007年11月02日

殯(もがり)の森

私が毎週日曜夜9時から、FM81.4(西大和)というコミュニティーFMから発信している、ちょいと癖あるエンタメ情報番組「Swinging Street Second」
何と、この10月の番組改編時から、木曜深夜2時からも再放送されることと相成りました!(祝!パチパチ。)1粒で2度美味しい状態だぜぃ!うひょ~。
可聴地域圏内にお住まいの皆さんは是非、再放送もチェックして丁髷よ!
聴けない方は、このブログで仮想放送をお楽しみください。
ではでは~。

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画





ワーナーさんにて、2007 11/10(土)から11/16(金)まで、1週間限定上映になる作品。
そう、お待たせしました。今宵は、日本人監督としては17年ぶりに、そして女性監督としてはカンヌ国際映画祭史上初のグランプリを受賞した河瀬直美監督渾身の一作!

「殯(もがり)の森」

をご紹介致します。
2007年・第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で、見事、グランプリの栄誉に輝いた「殯(もがり)の森」。
90年代前半、その瑞々しい感性に誰もが鮮烈な印象を覚えたドキュメンタリー作品「につつまれて」や「かたつもり」でデビュー。更には「萌の朱雀」でカンヌ映画祭・カメラドール(新人賞)賞を獲得し、日本映画界・期待のホープとして注目される存在となった河瀬監督。
その河瀬監督が、結婚、離婚、2004年の長男出産、そして今年92歳になる祖母に現れつつある認知症の症状などの体験を経て、常に真摯な姿勢をもって人生と対峙してきた者しか得られない個を超えた慈愛と深い洞察に満ちた視点で撮りあげたのが、この映画「殯(もがり)の森」であります。
カンヌでの公式上映後、鳴り止まぬスタンディング・オベーションの中、生と死を等しく見つめ、その儚くも美しい結び目を静謐に描いた河瀬直美監督の映像世界は、国境や言葉を遥かに超えて、観るもの総ての心に確かに届いたようで、その日、世界各国のマスコミは挙って賛辞の言葉を、「殯(もがり)の森」その作品に向けて贈った。
(内容)
奈良県東部の山間地。(今回の作品は田原地区にて撮影された。)
旧家をリフォームしたグループホームで暮すしげき(古書喫茶オーナー「ちちろ」のうだしげき氏)は、亡くなった妻への思いを胸に秘めながら静かな日々を送っていた。
そして、ここに新任の介護福祉士としてやってきた真千子(尾野真千子)もまた、不慮の事故で亡くした子供の面影と喪失感を抱きながら生きていた。
失った者への想いと共に生きる者として、介護する側、される側という立場を超えて、少しずつうち解け合っていくしげきと真千子。
ある日二人は、しげきの妻が眠る森に墓参りへと出かける。
原初のエネルギーに満ちた木々生い茂る盛夏の森の中で、彼ら二人を待ち受けていたものは一体…。
(監督・脚本・プロデュース)河瀬直美
(出演)うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、斉藤陽一郎、ますだかなこ 他…。
2007年 カラー 97分 日仏合作

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」



お客さまからの多くの要望にお応えして…
★「殯(もがり)の森」11月10日(土)~16日(金)1週間限定上映!★
11月10日(土)河瀬直美監督の舞台挨拶も決定!!
第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞
「殯(もがり)の森」
当館では11月10日(土)より1週間のみの限定上映です。
また、西大和での上映を記念して、11月10日(土) 河瀬直美監督による舞台挨拶が決定!
開催時間
11/10(土) 1回目 13:00~の回上映終了後、2回目 15:40~の回上映開始前(トークショーが15:40~) 各回30分程度
(チケット販売方法)
10月31日(水)21:00よりインターネット、劇場窓口にて販売開始。
※各回満席になり次第、販売終了とさせて頂きます。
※インターネットでのご予約は西大和のページにて11月10日(土) 13:00の回又は15:40の回をお選び下さい。
※料金は通常料金となります。

★おかげさまで7周年!感謝の気持ちをこめて11月24日(土)は1,000円ディ!★

皆様のあたたかいご愛顧に支えられ、ワーナー・マイカル・シネマズ西大和は今年12月をもちまして7周年を迎えます。
そこでみなさまへの日頃の感謝の意を込めまして、11月24日(土)を全作品1,000円均一のサービスディといたします。
11月は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「yes!プリキュア5」「ミッドナイトイーグル」など話題作も盛りだくさん!
是非この機会に皆様お誘い合わせの上、お越し下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち致しております。

★プレミアムキャラメルポップコーン10月27日(土)より期間限定発売★

ついに!!キャラメルポップコーン登場!ワーナー・マイカルのポップコーンと同じ豆を使って作り上げた特製オリジナル商品です。また、カリウム・マグネシウムなど豊富なミネラル分を含むブラウンシュガーを使用、鍋でジックリと時間をかけて煮込む昔ながらの製法で、キャラメル本来の深みのある味に仕上げています。このプレミアムなワーナー・マイカルオリジナルキャラメルポップコーンをぜひお試しください!

「プレミアム キャラメルポップコーン」¥400(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和

 TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172

(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i

● 恒例のワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからプレゼント頂いた無料鑑賞券を、抽選で3名様にプレゼント!
是非とも、皆さん挙ってご応募くださいね!
(応募先)
FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 
DJ
 PONCHAN!
(REQUEST-MESSAGE) 
E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)
FM81.4HP
http://www.fm814.co.jp/

FM81.4プレゼント情報欄(早くて簡単!是非、ご利用を!)
http://www.fm814.co.jp/present/present_info.html
(締め切り)11/15  


Posted by footstomp at 00:25Comments(0)