京つう

  日記/くらし/一般  |  奈良県

新規登録ログインヘルプ


2006年1月26日木曜日に、奈良は中南和地区にて刊行された面白くてためになる街の情報満載の集合広告 【FOOT STOMP】 それにまつわる種々様々なこぼれ話やエピソードを、余すところ無く詳らかに公開するブログです。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年07月25日

許せん!



光市母子殺害事件の差し戻し控訴審・第5回公判が7/24日・広島高裁(楢崎康英裁判長)にて行われた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070724-00000100-jij-soci

今一度申し述べるが、最高裁が差し戻しを行い、決めろといったのは「量刑」であって、少年の改めての罪の内容でもなければ、救済の手立てでもない!

贖うべきは、少年(だった!)が手を染めた残酷で身勝手な畜生にも劣る犯罪であり、命を賭しての13階段行きは最早決定済みだ!

全く…。  


Posted by footstomp at 16:27Comments(0)

2007年07月24日

石野見幸さん・TVオンエアー&コンサート情報!



放送予定

(追記)

8月26日 日本テレビ 「タイトル未定」関東のみ
     夕方3時25分〜4時25分(予定)
      ※1時間のドキュメンタリー番組
今回は、関西では放送されませんが、要望が多く有れば、流れるようになるかも・・



今度は東京でライブです!

10月17日 東京のノーベンバーイレブンス1111でライヴ決定

10月17日【水曜日】
*完全入れ替え制

<1回目>

レストランオープン 16時30分〜
ライヴスタート 18時〜
〜〜〜入れ替え〜〜〜

<2回目>

レストランオープン 19時30分〜
ライヴスタート 20時30分〜
チャージ各回 4,200円【税込み】
*別途飲食代は別になります。
(予約・お問合せ)
ノヴェンバー・イレブンス1111
03−3588−8104【11時AM〜22PM)

http://www.risingdragon.jp/

東京都港区赤坂3−17−8 都ビル5F

宇崎竜童&阿木燿子がオーナーのレストラン&ライヴのお店です。  


Posted by footstomp at 17:07Comments(0)

2007年07月21日

石野さん、TV放映変更のお知らせ。



7/16に、素敵なライブを見せてくれた石野さんのTV放映、以下の通りへ変更になりました!
ご確認ください!

放送予定

◎7月22日NHK@ヒューマン(午後11:00から)
・こちら40分押しで、オンエアー。

 関西 23:40より 関東23:50より NHK総合、全国放送


◎7月23日大阪、毎日放送 ちちんぷいぷい(14:00-17:50)

・こちら曜日変更で、現在具体的に決まっていません。
又、分かり次第、ご報告いたします。


◎7月26日 日テレ スッキリ(午前8:00から)以上です!
  


Posted by footstomp at 05:16Comments(0)

2007年07月17日

石野見幸 SUMMER LIVEに行ってきました!





待ちに待った!石野見幸さんのサマーライブに行ってきました。
名演の数々をその歴史と刻みながらも、残念ながら8/8(水)にグランド・フィナーレを迎える大阪ブルーノート。
その夜の石野さんのステージは、まさにそんな、近くエンディングを迎えるブルーノートの舞台を鮮やかに彩り、そして暖かな沢山の想いを心豊かに感じさせる素敵なもので、過去の数多ある名演に優るとも劣らない堂々たるライブであったと思います。

私は、直前に1stから、2ndステージの方にお邪魔させていただくこととなり(マネージャーの遠藤様にはホントにお手数をお掛けしました!)、19:40過ぎに入店。
ステージ向かって左側・サービスエリアのカウンターの端っこに坐り、暫し、ゆっくりして20:30の開演を待つことに。
客電が落ち、先ずはバンドのメンバーが次々とステージに現れ、各々の楽器を手に取り演奏がスタート。
小気味良いビートが心地よいスウィンギングなイントロダクションの後、本日の主役である歌姫micoさんが、颯爽と艶やかなりしタイトなドレスを身に纏い、満を持しての登場!
思っていた以上に顔色もよく、なんだか先ずは一安心。
(足元がふらついて見えたのはハイヒールのせいか?)
当然客席は、割れんばかりの歓待の拍手!


ではでは、ドキュメント・実況風に昨日のステージを振り返ってみましょうか~。


1曲目は、カレントでもお馴染み、陽気でお茶目な感じのナンバー「Goody! Goody!」
何時もCDで聴いてはいるけど、直にライブで生歌として聴くと、さらにイカシてて、ホント感動的!

2曲目は、「I'm a Fool to Want You」

3曲目は、ブラジルの国民的な歌手・カエターノ・ヴェローゾのナンバーで、ポルトガル語が一際、異国情緒を感じさせ、ファドと同じくリスボンなどの下町の風景(ブラジルじゃないけど…。)がイメージの中、立ち昇ってくるような佳曲「コラサォン・ヴァガブンド」

4曲目は、鷲見さんのBassのみで1コーラス目を聴かせる弘田三枝子さんのカヴァー「人形の家・Forgotten Doll」

ここで、今年4月になくなられたお父様のことに触れ、思い出の曲を何曲かと前置きし…
5曲目は、プラターズの「トワイライトタイム」

6曲目の前で、一旦姫は楽屋へ。
残るメンバーで、またまた賑やかにプレイ!
各パートのソロがあり、特に此処ではサックスのエキサイティングな掛け合いが印象的でした。

暫くして、衣裳替えしたmicoさんが再び登場。
客席に深々とお辞儀をして、私なんかはジャニス・バージョンで馴染み深いんですが。
次なるナンバーは、(7曲目)「サマータイム」
この曲のアレンジ(リフレインするフレーズがかっちょよくてね!)がなかなか渋くてよかったです!

8曲目は、同じく「カレント」の8曲目に収録されている「Teach Me Tonight」(今夜教えて)

9曲目は、よくTVなどでも紹介されている石原裕次郎さんの「粋な別れ」
(本日が、何回目かのボスの命日とのお話でしたが…。)

10曲目は、お父様からこれええやん!と言って貰ったCDからの曲で、今宵初披露。
グロリア・エステファンの「時の限りに」

11曲目は、「総てのものは変わってゆく…。だけど変わらないのは鳥が鳴くこと。太陽が昇ること。雲から雨が降ること。音楽が私の心を打つこと…。」

「エブリシング マスト チェンジ」

12曲目は、近さんのピアノのみをバックとして…(その前にちょい頭髪ネタがありましたが~。)

ラリー・カールトンの曲 「何がおこっても」
(私はルーム335のイメージが強かったのでこんな叙情的なスローナンバーは意外でした。)


この後、アンコール。
鮮やかなピンクの衣裳に身をつつみ、micoさん、今再びのご登場!
サンバ調の曲でしたが、スミマセン、この曲のタイトルは勉強不足でわかりませんでした。ソ~リ~ですっ。
(後日、私のmixiの方に書き込みがあり、~ アンコールは「Tristeza」でしたね。~ということでした!ウッスィーさん、どうも有賀さつき!)


曲間のMCでは、ちょくちょく涙を見せていた見幸さんではありましたが、それは決して暗く悲しいものではなく、感謝と愛に満ち足りた心がみせた喜びにも似た暖かな涙であり(~と手前勝手に解釈しましたが…。)、それゆえに心打たれるものがありました!
来場してたお客さんも、皆一様に、HOTで、一生懸命の拍手と声援で盛り上げていて、いやいや素敵でした。
勿論バックで、力いっぱいの演奏を披露し、micoさんを終始支え続けてメンバーも格好よかったですね。

この日のメンバーは…

近 秀樹さん(ピアノ) 河田 健さん(アルトサックス) 

鷲見 和弘さん(ベース) のレコーディングでも一緒の気心の知れたいつもの顔ぶれに…

佐藤 英宜さん(ドラムス)+池田 定男さん(ギター)と、東京から応援団として、鈴木 央紹さん(サックス)が、さらにこの日は参加されました!

…ということで、ライブはステージと客席が一体となった形で終始盛り上がり、非常に楽しくも感動的で、溢れんばかりのエネルギーを頂戴しましたね!

「死んだらあかんで~!」
ステージから見幸さんが叫んだメッセージ。

その通り!

生きてこそ花も実もある人生。

私も頑張ります!みなさんも頑張れ!
そして、勿論micoさんも!

どこまでも、諦めず、挫けず頑張って生きてゆきましょうね。お互い…。

そんな想いがいつまでも胸に残る素晴らしいステージだったことを、このサマーライブにいけなかった皆さんにお伝えして、この報告は終わり!

又、次回のステージ、期待してます。見幸さん!

その日を楽しみに…。

では、では!  


Posted by footstomp at 23:55Comments(0)

2007年07月16日

PANTAの新譜!強烈!

あてが大好きな、フェイバリット・アーティストとして敬愛してやまないPANTAが8/10に新譜を出すぞ!
タイトルは、

「オリーブの樹の下で」



でも、PANTAいうても知らん人も多いやろ~から、ここにチョイ解説も入れときます!

先ずはパンタさんのプロフィールから…。

パンタは当然芸名で(万物流転・パンタレイからきている。)、本名:中村治雄(なかむら はるお)という地味なお名前。
1950年2月5日 生まれですから、現在57歳。
埼玉県は所沢市出身で、関東学院大学在学中に、モージョ、スパルタクス・ブントで活動、その後、パンタの存在を一躍有名にした「頭脳警察」(漫画・ブレインポリスからその名をとった。)を1969年12月結成。1970年代には、いわゆる全共闘ジェネレーションの高揚の中で過激に活動、ステージ上で自慰行為(おなに~)(日劇ウエスタンカーニヴァルの舞台でのこと。当時全盛だったGSに負けてたまるかとばかりに、ドアーズのジム・モリソンばりにシコシコしたっ!それは、伝統芸として遠藤みちろう等、後のパンク・ミュージシャンに受け継がれている。伝説です。)をするなどの桁違いなパフォーマンスや、1stが発売禁止になるなどスキャンダラスな話題に事欠かず世間の耳目を集める。同時に成田・三里塚闘争(幻野祭)などの政治的な舞台でも、ガンガンロックを武器に精力的に戦うも、1975年7/31に解散する。

*三里塚闘争ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%87%8C%E5%A1%9A

*幻野祭
http://www.fly-p.com/zk/cd-genya.html



その後、パラシュートの今 剛や小室哲哉などのテクニシャンをメンバーに擁し、'77年7月、PANTA & HAL 結成。『マラッカ』、『1980X』という傑作アルバムを残すも、残念ながら'81年2月解散。
ソロ転向後は、もっと大衆向けのロック路線に転向。(KISSや唇にスパークを発表するも、過激なパンタに共鳴するファンから非難が集中!いろいろ物議を醸しました!)他のアーティストへの楽曲の提供や、ジャンルを超えたアイドルのプロデュースなども手がけ、最も有名な楽曲としては、「ムーンライトサーファー」(石川セリ、桑名晴子、高樹澪、渡辺美里、かとうれいこがガンガン歌ってた!)がある。更には、アイドルグループ制服向上委員会が上演したロックミュージカル「ドン・ジョヴァンニ」の音楽監督もつとめ、ここまでやるかという徹底振りを見せた。加えてその興味は、ジャンルを越え、俳優業へも活動の舞台を広げ、桑田佳祐初監督作品「稲村ジェーン」 へも出演。独特なキャラでスクリーンを飾って見せました。
プライベートでは、こよなくバイクを愛し、また「新世紀エヴァンゲリオン」「攻殻機動隊」シリーズなどのアニメ作品や、ギャルゲーと呼ばれる恋愛シミュレーションゲームのファンであると公言するなどオタク文化の造詣も深いという側面も持つお茶目な、正にロック界の岡田斗司夫的なお人ともいえる方です。
2001年6月9日、頭脳警察を再結成。2006年には、ムーンライダーズの鈴木慶一とともにP.K.O結成。そして、2007年キクチ・タクミとともに、「響」を結成。
8/10に1stアルバム「オリーブの樹の下で」を発売。12分を越える連合赤軍・重信房子との共作「ライラのバラード」はじめ全8曲。現在ネットで先行発売中!そこで、お買い求めに方にはパンタと共にイラク・バクダッドを訪れ、「反戦放浪記」を共著した椎野礼二氏による「歴史年表&ライラのバラード解説」をプレゼントのこと。

連絡はPCから、フライングパブリッシャーズ

http://www.fly-p.com/

オリーブの樹の下で
 FLPC-005  定価¥2940(税込)
 発売 (有)フライングパブリッシャーズ

1 来歴             作詞:重信房子 補作詞:PANTA 作曲PANTA
2 独りぼっちの子守歌   作詞:重信房子 補作詞:PANTA 作曲PANTA
3 手紙             作詞:重信房子 補作詞:PANTA 作曲PANTA
4 母への花束        作詞:重信メイ 補作詞:PANTA 作曲PANTA
5 Leila’s Ballade      作詞:重信房子 訳詞:重信メイ 作曲PANTA
6 心の砦           作詞:重信房子 補作詞:PANTA 作曲PANTA
7 七月のムスターファ   作詞、作曲:PANTA
8 ライラのバラード    作詞:重信房子 補作詞:PANTA 作曲PANTA
      全8曲 51分21秒

最後に、12分にも及ぶ重厚なナンバー・ライラのバラードの歌詞を載せときます!
じっくり読んでみて、あなたは何をどう思うか?もしよかったらその答えを聞かせてください。

ライラのバラード
作詞 重信房子 補作 PANTA 作曲 PANTA

わたしは 4才だった
誕生日のすぐ後 ハイファを追われた
ママは8人の子供等と小さな車に乗り込んだ
一人足りない それはわたし
何故 引っ越さなきゃいけないの?
ナツメヤシのカゴの後ろに隠れたわたしを
引っ張り上げて ママが言った
「ユダヤ人に殺られちゃうよ」
パパは涙を流して
子供達にお別れのキスをした

戦火を逃れて
故郷を追われた
家も街も祖国も
なにもかも奪われた
あれから半世紀過ぎても
わたしは家に帰れない
わたしの物語 だけどそれはみんなの物語
パレスタイン 子供の物語

ライラ ライラ ~


わたしは 5才だった
夏になって やっとパパに会えた
一文無しになり 家も店も盗られ 祖国を追われた
斗いに敗れ 父は変わった
「いつ パレスチナに帰るの?」
難民となり失くした日々を語りながら
18年後 パパは死んだ
ハイファに帰る夢を 見続けて
土に還るパパにオリーブの枝をそえた

戦火を逃れて
故郷を追われた
家も街も祖国も
なにもかも奪われた
あれから半世紀過ぎても
わたしは家に帰れない
パパの物語 だけどそれはみんなの物語
パレスタイン 父の物語

ライラ ライラ ~


わたしは25才だった
八月のある日 祖国への旅に出た
一万フィートの上空から 祖国に帰る為に
幅広のレースの帽子でわたしは言った
「乗客のみなさん ベルトをお締めください
わたしは この機の新しい機長です
PFLPのチェゲバラ隊が
この飛行機の指揮をとります」
パレスチナの海岸線に
ハイファをはるかに見下ろして

戦火を逃れて
故郷を追われた
家も街も祖国も
なにもかも奪われた
あれから半世紀過ぎても
世界は そ知らぬ顔してる
わたしの物語 だけどそれはみんなの物語
パレスタイン 戦士の物語

ライラ ライラ ~


わたしはいまも待っている
待つことは斗うこと斗いつづけること
二度目のハイジャックで友を失い わたしは
奪還された
それからバーシムと出会い リッダ斗争
パレスチナの恨みと希望を背負って
自由の戦士たちは 斗いつづけた
斗わなければ パレスチナの存在も
思い出に消えて
わたしも母になり 子供達の為に いまも斗う わが母のように

戦火を逃れて
故郷を追われた
家も街も祖国も
なにもかも奪われた
あれから半世紀過ぎても
斗いの火は消えない
わたしの物語 だけどそれはみんなの物語
パレスタイン 母の物語

ライラ ライラ ~


わたしはもうすぐ60才
証言の為に日本に来ました
自由の戦士マリアンは無罪と訴える為に
あの時代はだれも 自由の戦士だった
それが何故 裁かれるのか
裁判長 あなたに訴えるわたしは
パレスチナを代表して来ました
祖国を奪われた民には 抵抗する権利があると
そしてマリアンもそのひとりだと

戦火を逃れて
故郷を追われた
家も街も祖国も
なにもかも奪われた
あれから半世紀過ぎても
斗いの権利は捨てない
わたしの物語 だけどそれはみんなの物語
パレスタイン 世界の友の物語

ライラ ライラ ~

*重信房子ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E4%BF%A1%E6%88%BF%E5%AD%90

  


Posted by footstomp at 10:33Comments(0)

2007年07月15日

シネマのコーナー/ポケモン・ハリー・レミー(7/8~22)

私が常々、FM81.4(ハイホー/西大和)にて、喋らせて貰ってるシネマのコーナー。
今回は3回分纏めてGO!だ。

今晩9時からやるからね。
可聴地域の方は聴くべし!

Swinging Street secand!!

FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 2007 4/1 !! START
DJ
 PONCHAN! (FOOT STOMP)
(REQUEST-MESSAGE)  
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)



では、内容御覧あれ!

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今回は、夏休みということで、親子連れで楽しめる3本の映画を一気呵成に紹介するでよ!
(7/8は既に終わっていますが…。スンマソン…。後今晩15日、22日もね!)

7/8、お薦めの映画

ワーナーさんで7/14(土曜)より公開!
有難う!ピカチュウ・ザ・ムービー10周年!
今回は…
時空を揺るがす最強に戦いが始まる。



劇場版ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール

ディアルガVSパルキア ダークライ

新シリーズ第一弾は、「ディアルガVSパルキアVSダークライ」に決定!
神と呼ばれしポケモン・ディアルガとパルキアの史上空前のド迫力バトル!
そして、今まで発見されていない幻のポケモン・ダークライが初めてその姿を露わにする!
更にパワーアップしたストーリー&バトル!これはもう見逃せない。
まだ誰も体験したことの無い何かが、夏休みの映画館で君を待っている!
さあ~新たなる冒険の扉を開こう!
ポケモ~ン、GETだぜぃ!

今回は何と、ニンテンドーDSとソフトを持ってゆくと、幻のポケモン「ダークライ」がもらえるという特典がついている!
も~一丁!ポケモ~ンGETだぜぃ!

(内容)
ポケモンコンテストの為に、アラモスタウンにやってきたサトシとピカチュウ。
そこで美少女アリスと出逢い、ちょっとした観光気分を味わうが、突然サトシたちの前に、ダークライ、神と称されるディアルガやパルキアが出現!
一体全体この後どうなる!!
後は勿論、映画館のスクリーンで確かめてね!

監督・湯山邦彦 脚本・園田英樹
声の出演・松本梨香 大谷育江 うえだゆうじ 林原めぐみ 石坂浩二 山寺宏一 中川翔子 他

2007 日本/東宝 

http://www.pokemon-movie.jp

(以上7/8オンエアー分です。)

7/15、お薦めの映画

7/14・15・16に先行上映!
本公開は7/20(金)。(先行共に、字幕/吹き替え同時公開)

ついに、ハリーとヴォルデモードを結ぶ秘密が予言によってあかされる!
まだ15歳になったばかりのハリーの本当の秘密、解禁!
ハリーの額に刻まれた稲妻の傷の意味、そして7/31に生まれたハリーが背負った逃れられない宿命とは…。それは一体~。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団



ホグワーツの5年生として学校に戻ったハリー、しかしてそこではヴォルデモードが蘇った事実は全く伝えられていなかった。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が魔法大臣の地位を横取りするため「ヴォルデモード」が復活したと嘘をついているのではないかと恐れていたのだ。
しかもファッジは、ダンブルドアと生徒を監視するべく「闇の魔術に対する防衛術」の新教師としてドローレス・アンブリッジを送り込む。
しかし、その授業内容に疑問を抱いたハリーは、親友のロンやハーマイオニーと協力し、闇の魔術に対抗するダンブルドア軍団を結成する。
そして、ハリーは、悪の根源・ヴォルデモードを倒すために不死鳥の騎士団と共に壮絶且つ熾烈な戦いへ挑んでゆく…。

監督・デビット・イェーツ 原作・J.K.ローリング 
出演・ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルパート・グリント他
2007 アメリカ/ワーナー  138分 

http://www.dumbledore-army.jp

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html


(7/15オンエアー分)


7/22、お薦めの映画

2007年・アメリカ製作
その出逢いはおいしい奇跡のはじまり。
7/28(土)おいしい奇跡を召し上がれ!
ワーナー・西大和では7/25、26、27、28日に先行上映となります!

レミーのおいしいレストラン





素晴らしい料理の才能を持ち、一流シェフになることを夢見るネズミと、料理の苦手な見習いシェフの出会いが巻き起こす奇跡を描いた笑いと涙の感動ストーリー。監督は、大ヒット作『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード。声の出演にはコメディアンのパットン・オズワルト、『アビエイター』のイアン・ホルムなど実力派が名を連ねる。数々の名作アニメを生み出してきたディズニー/ピクサー作品ならではの細部にまで凝ったクオリティの高い映像は、本当に驚きの出来栄えで、鑑賞する誰もが納得する筈!

(ストーリー)
料理が大好きで、将来、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、フランスは花の都・パリにある、尊敬する料理人グストーが手掛けるレストラン、「グストー」の店に行く。ある時、そこで働くシェフ見習いの、いかにも人の良さげな青年・リングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまうところを目撃。そこでレミーは、キッチンに入り込み、見事にスープを作り直すが、その姿を逆にリングイニに発見され……。厨房においてネズミは最大の敵…。はてさて、この先一体どうなるといった展開で物語りは進みます!

監督・原案・脚本 ブラッド・バード
声・パットン・オズワルド ルー・ロマーノ他

http://www.disney.co.jp/movies/remy/flash/index.html

2007 アメリカ/ブエナ ビスタ 117分


「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

★映画「劇場版ポケットモンスター ディアルガVSパルキアVSダークライ」公開記念!★

“ピカチュウ”が映画館にやってくる!!

7月14日(土)公開の「ポケットモンスター」の上映を記念して、ピカチュウが劇場に遊びにやってくるよ!
ピカチュウと一緒に写真もとれますのでカメラを持ってきてね!!

日程    8月8日(水)
時間    未定
場所    ワーナー・マイカル・シネマズ西大和 劇場ロビー
詳しくは劇場までお問合せください。



ポケモン映画10周年記念!ポップコーンBOX
映画館でしか手に入らない、期間限定商品!
6/30から販売開始!
数量限定発売中!!
7月14日ロードショー、「ディアルガvsパルキアvsダークライ」の公開を記念して、ポケモンポップコーンBOXが登場!
過去9作品+新作のメインキャラクターが勢ぞろいした、映画10周年ならではのスペシャルデザイン!
フタの上に座ってるピカチュウは、取り外して携帯ストラップとしても使えます!
売り切れ次第、販売終了なので、この機会にぜひお求めください!

『ポケモンポップコーンBOX』 ¥700(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和

 TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i  


Posted by footstomp at 20:52Comments(0)

2007年07月15日

石野見幸 SUMMER LIVE、御待ちかね!明日開催です!



待望の、石野さんのブルーノートでのライブ、とうとう明日16日(月・祝/海の日)に迫ってまいりました。
西日本のあちこちに被害をもたらした台風もやや勢力を弱めながら、東海の方へと言うことで(だから、良いと言うわけではないですが。誤解の無いように。)、先ずはブルーノートの在る大阪に関しては穏やかなる天候のもと、「その日」を迎えることが出来る様子で、とにもかくにもよかったと。

明日は、皆さん、石野さんの歌声を直に聴いて、素敵な一日を分かち合いましょうね!

石野見幸・サマーライブ

1st/開場16:30~/開演17:30~/終演18:45

2nd/開場19:30~/開演20:30~/終演21:45

尚、詳しくはマネージャー・遠藤様のHPにおいても、情報配信がなされておりますゆえ、皆さん御覧くださいね!
http://jazzbar96.com
石野さんのバックで手堅いBASSを弾いていらっしゃる、鷲見和広さんのブログでmicoさん(鷲見さんはマリエさんと呼んでらっしゃるが…。)の最近の元気なお顔が拝見出来ます。また、みなさんここで、マリエさんとお会いください!
http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-66.html

◎石野さんのHP

http://mico3.com/

皆さんから、石野さんのHPに言葉の花束を!きっと元気も出て、励みになるはず!
HPの方へメッセージの書き込み、宜しく!





◎石野さんのTV出演スケジュール
同じ病気で苦しむ人の少しでも励みになるようにと、精力的にTV出演をこなす石野さん。
以下、また自身が知りうる限りのスケジュール、此処に記しておきます。
御覧ください!

●7/17(火) NHK 朝のニュース  (6時~)
●7/19(木) TBS系  ピンポン(4ch)11:00~13:00
●7/22(日) NHK @ヒューマン  (23時~)
●7/26(木) 日本テレビ系・スッキリにもご登場とのことです!  


Posted by footstomp at 10:01Comments(0)

2007年07月11日

広沢タダシ・タワーレコード橿原店ライブ情報



来る7/22(日)、2007.6/20にニューアルバム「アイヲシル」を発表!益々その躍進振りに拍車のかかるミュージシャン、広沢タダシさんが、何とタワーレコード橿原店のインストアライブのステージに捲土重来!
その前に、何とリーベル王寺のB1にある、私も放送させてもらっているFM81.4(ハイホー/西大和)のサテスタに午前10時より生出演!
是非、皆さんお集まりください!

今、タワレコ橿原店入り口正面に、広沢さんの新譜コーナーを作っていて、そこにこのチラシがあります。(きちんと自前で宣伝のシールも貼ってはります。情熱的です!)
(これは、FM81.4(ハイホー/西大和)から毎週・月曜P.M.9時から1時間放送されている「スパイラルボックス」のDJのお二人、miyuki&Tomoサンたちがご用意されたもの。
また、詳しい情報に関しては、miyukiさんのブログ等みてくださいね!)


miyukiさんのブログです!
http://miyukissaale.jugem.jp/






(以上は、2007.2/24タワーレコード橿原店インストアでのスナップ)
このとき、楽屋まで押しかけてインタビューさせていただきました。
八尾出身ということで、時に河内弁(大阪弁)が出たりして、親しみやすいキャラの方でした!
しかっし、滅茶苦茶細かった!でも元気でしたね!
前日、品川教会でのワンマンライブを行ったその足での橿原でしたからね。



広沢タダシさんのHP

http://www.hirosawatadashi.com  


Posted by footstomp at 22:08Comments(0)

2007年07月09日

ガリバーゲット・インタビュー







去る6/24(日)、奈良県は橿原市に在るダイヤモンドシティ・アルル1F、多目的イベント広場・サンシャインコート特設ステージにて、この日も恒例のタワーレコード橿原店主催のインストアライブが行われ、今回そのステージの壇上に颯爽と登場したのは、京都をその活動の拠点とし、6/23に晴れて「紅い月~あの人に愛されますように~」で正式メジャーCDデビューを果たし、今後の活躍が非常に期待されるバンド「ガリバーゲット」の5人組。
当日は、足元の悪い生憎の激しい雨模様ではあったが、ダイヤモンドシティがバーゲン初日ということも手伝ってか、館内は老若男女、さまざまな世代の人々が入り乱れての盛況ぶり。
ステージ前の客席にも、開演前から沢山のオーディエンスが集まっては、今か今かとその演奏がスタートするのを待ち焦がれているような熱気に溢れていて、状況としては正にGOOD!
そんな中、「ガリバーゲット」の5人は、14時からと、16時からの2ステージを、カバー曲からオリジナル、歌って聴かせるスロー・ナンバーから、うねる様なグルーヴ感が心地よいファンキーな楽曲到る迄、緩急自在に披露しては、観客から大いなる喝采を浴びていました。
それが証拠に、ステージ後のサイン会を兼ねたCD即売会にも長い行列が…。
私もパチパチ…(拍手)。

そんな堂々たる、有意義なステージをこなし、又新たなファンを確実に増やしたであろう「ガリバーゲット」の皆さんに、お疲れのところ、申し訳なくも時間を暫し頂戴し、楽屋にてインタビュー録音させていただきました。
この模様は、7/8(日)、毎週21時より奈良は王寺に在るコミュニティFM局・FM81.4(ハイホー/西大和)からお届けしている私の番組「Swinging Street Second」にて、カットすることなく10:45秒しっかりオンエアー、尚且つ「紅い月」もフルコーラスでいかしていただきました。
が、残念ながらも可聴地域エリアの極めて狭いコミュニティ放送局のこと、オンエアーをチェック出来ずに地団駄踏んでる方も多いかと思いますんで、此処に100パーセントまでとは行かぬまでも、ほぼそれに近しい按配で、その内容をUPしておきますので、御覧くださいませ。
(FOOT STOMP・ぽんちゃん)

ガリバーゲット・インタビュー
(2007/06/24 17:15~・楽屋にて)



-「お疲れのところ誠に恐縮です。
それでは、ちょっとお時間を拝借してインタビューさせていただきます。
6/24(日)、本日、タワーレコード橿原店主催の恒例インストアライブが開催され、今回はそのステージに「ガリバーゲット」さんが登場されました。
こんにちは!」-

●ガリバーゲット全員「こんにちは~!ハイホー、ハイホー、ハイホー!!!!」

-「………。(う~ん、ライブ後なのに異様にハイテンション)」
「ハイ、有難う御座います。それではインタビューのほうを。
先ずは、自己紹介を兼ねてリスナーにご挨拶をお願いしたいのですが。-

●Vo・アヤヲさん(以下A)「こんにちは。ガリバーゲット・ボーカルの紅一点、アヤヲで~す。」

●Bass・リーダー・山田洋一さん(以下Y.Y)
「リーダーでベースの山田洋一です。」

●Sax・阪口裕一さん(以下S)「サックスの阪口裕一です。」

●Guitar・山本隆さん(以下T.Y)「ギターの山本隆です。」

●Drums・鶴田憲司さん(以下T)「ドラムの鶴田憲司です。宜しくお願いしま~す。」

-「はい。有難う御座います。
ではでは、質問のほうに移らせていただきたく思うんですけど。
京都を拠点に精力的に活動されているとのことですが、皆さん、矢張り京都の出身ですか?」-

●Y.Y「いえ、違いますが。京都に在る老舗のライブハウス・RAGに出入りしていて、そこのセッション・デーで出逢ったのがきっかけですね。」

-山田さんと阪口さん、山本さんで先ずはインスト・バンド組まれて、その後2002年にアヤヲさんが加入され、更に鶴田さんがそこに加わり今の編成になったということですが-

●Y.Y「インスト・バンドというか、実にややこしい、オリジナル1曲10分はあるナンバーを、ホント、ギターソロなんか4分ぐらいある、こんなんラジオなんかでかけれるかーというような曲を演奏してましたね。(笑)」

-「昔のプログレみたいなやつ?(笑)」-

●T.Y「フリージャズです!(笑)」

●Y.Y「で、バンドの名刺代わりになるCDが無くて。それを作ろうと。その際にテーマとして歌もんもやりたいなぁ~ということになり、アヤヲを誘い、そして鶴田を招き入れてと、今に到ると。」

―「なるほど。で、不思議なグループ名の由来ですが…。-

●Y.Y「中2の頃に楽器はじめて、バンド組もうと思ったときに、学校で隣に座っていたクラスメートにどんなグループ名がいい?と尋ねたところ、即答で“ガリバーゲット”と返ってきた。まぁ、彼は適当に言っただけだと思うんですけど(笑)。さらに、どういう意味?って尋ねたら“大きなものがいる”と。これまた適当だと思うんですけど。(爆笑)でも、このネーミングが気に入って僕・山田がリーダーを務めるバンドは総てガリバーゲットという名前で活動している訳です。」

-「で、先日メジャーからということで“紅い月”を発売されたわけですが、これを引っさげこれから更にライブ等々頑張られると思うんですが。この先、活動を行ってゆくにあたり何か話し合われているようなビジョンみたいなものありますか?-

●T「きたっ!ビジョン。」

●T.Y「ビジョンというか…。ミュージシャンですから当然、名曲を生んでゆきたいというのは勿論ですが、それとは別にバンドメンバー・スタッフ一同凄いやりたいことがあって、大阪城ホールに出れる位ビッグネームになり、念願の大阪城ホールの出演を果たす。その後、たこやきパーティーを楽屋でする。(笑)」

●T「で、そのたこやきパーティーのせいで、やっとの思いで出た大阪城ホール出入り禁止(笑)。」

●T.Y「伝説を作ろうと。ガリバー来た後なんか臭いぞ!大阪の臭いがすんで~!(笑)」

-ハイ。わかりました。(笑)
では、この放送は、奈良の一部地域でのオンエアーということなんですが、近日、この近辺、京阪神圏で行われるライブ等あれば、教えていただけますか?

●A「7月15日(日)、新風館で、α-STATION SPECIAL LIVEというイベントに出ます。
お洒落SPOTです!フリーライブなんで、是非是非!(α-STATIONって他局ですがなぁ~。まぁええけど。笑。)あと、8/7、私達の出逢いの場所、RAGでワンマンライブをしますので来て下さいね。」

-「では、最後にメンバー各人から、この放送を聞いているリスナーの方にメッセージをお願いいたします。」-

●「Saxの阪口裕一です。メジャーデビューできたことをとても嬉しく思っています。いろんな人に聞いてもらえることがもっと増えるように自分たちでやっていけたらいいなぁ~と思っていますので、応援宜しくお願いいたします。」

●「リーダーの山田洋一です。え~と、まだまだはじめましての人が多いと思うのですが、最近メディアで取り上げられるようになってから、反響が凄くて、更に多くの人にバンドの音を聞いていただけたならきっと気に入ってもらえると思いますので、もっと多くの人に聞いてもらいたいし、もっといいものを届けれれるように頑張っていきたいですね!」

●「ギターの山本隆です。僕らのCD買って聞いてくれてる人がだんだん増えてきているんですけど、勿論CDで楽しんでいただくのも凄く有難い事なんですが、僕を含めメンバー一同ライブが大好きなんで、ライブで顔を見て、楽しんでいただけたら最高なんで是非にともライブに来てください!」

●「ドラムの鶴田憲司です。最近凄く感じることとして、メディアの力は本当に凄いなっと!今日、奈良の橿原に来させてもらって(その認知度は)これからどんどん拡がってゆくと思うんですよ。色んな人と出会うことにもなると思いますし、ライブバンドとしての魅力も当然あると思うし、だからこそ間近で見てもらいたいし、今日みたいなイベントにもドンドン出演してゆこうとも考えているので、是非、お越しくださいまし。ハイホー!(笑)。」

●「ボーカルのアヤヲです。いうことないです。みんなにいわれてしまったし…。5人おったら無くなんねん!(笑)頑張りますんで宜しくお願いいたします。」

-今日はどうもありがとう御座いました。今後のご活躍、期待しています!-

●メンバー全員「ありがとうございました~。たこやきパーティー来て下さいね!
ハイホー、ハイホー、ハイホー!!!!!!!!」

-「……………………」-

(了)


ガリバーゲットHP

http://gulliverget.net/

http://chicken-george.com/gulliverget/pc/

*リーダー・山田さんのブログに当番組がオンエアーされているFM81.4の廃版ステッカーの写メ登場!めっちゃ嬉し恥し!

http://blog.goo.ne.jp/ystudio304/

『紅い月』2007 6.17 DEBUT GZCA-4094 ¥1.260 in tax

ガリバーゲットの番組がスタート!!

7/1  21:30~22:00  αStation(89.4MHz)

「Gulliver Get~MATHIARUKI~」

当番組と時間かぶってるし~。まあ、ええか!
聴いてあげてくださいね。


尚、ガリバーゲットさんから、直筆サイン色紙を2枚GET!しました。
欲しい方は下記までどうぞ!

FM81.4 「スウィンギング ストリート セカンド」宛で。

FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

若しくは、

foot_stomp8255@yahoo.co.jp

抽選でお分けします!応募待ってます!  


Posted by footstomp at 00:44Comments(0)

2007年07月06日

久間元防衛相に捧ぐ歌。「戦争と政治家」






6/30、千葉は柏市、麗沢大での公演の際に、『原爆投下、しょうがなかった』と発言、大顰蹙を買い、近く行われる(7/29)参院選をこのままでは勝てないからという(これまた馬鹿正直というか、お粗末なお話だが!)理由から引責辞任した、久間元防衛相。

http://www.asahi.com/politics/update/0630/TKY200706300263.html

凡そ、国政を司る人間とは思えないクレージーな発言!

戦争を終わらせる為にって?
馬鹿言うでない。

あの時アメリカは、原爆という超殺戮兵器を開発し、その威力を人々が生活する大都市にて試したかったのだ。(無論、もう一つの超大国・ソ連を牽制する意味もあったらしいが…。)

投下候補地には、京都も入っていて、「歴史的建造物を守るために原爆を投下しなかった。」と臆面もなく、現在に至っては、その投下場所の選択に関してアメリカは語るけれど、これは嘘。
リトルボーイを投下し、その爆発の威力を測定するのに、京都上空の気流や、盆地というその土地の構造が、実に計測に不向きだったので、一番都合の良いヒロシマ/ナガサキをその候補地としたのである。

全ては自分らの実験のため。日本人はモルモットにされたのだ。

だいたいが、ベトナム戦争の際にも(地獄の黙示録にくわしい!)べトコン殲滅のために、雨あられとばかりに緑のジャングルに向け、容赦なくナパームをこれでもかとばかりにぶち込み、焼け野原にして、平然としているお人たちですから…。ホント、肌の色に敏感な、冷徹なレイシストというのが本質の方々ですからね。(本当はこんな風には思いたくはないけれど…。実は、アメリカ嫌いじゃないし。)
(ランボーや、ジェイコブズ・ラダーなんて映画を観ればベトナムにいっておかしくなった気の毒な、末端のアメリカ人(帰還)兵の姿を見ることが出来るが、普通の感覚からいえばこれでっせ!歌で言えば、ボーン・イン・ザ・U・S・Aの歌詞とかね。ここでもやっぱり悪いのはザ・リーダー“指導者”か。クラッシュの歌、思い出した!)

もうすぐ8/6・ヒロシマに原爆が投下された日。(B29・エノラ・ゲイからウラン爆弾・リトルボーイが。)
そして、その3日後の8/9、ナガサキに水爆が投下された日(B29・ボックスカーからプルトニウム爆弾・ファットマンが。)がやってくる。

マッド・サイエンティストと、悪辣な政治家の利害が結びつき、二度と再び、トコシエの悪夢を産み落とすことが無い様に、掌を合わせ、犠牲となられた方々の鎮魂をあわせて願い、その日は静かに黙祷したいと思う…。


最後に、来る7/8(日)に、私がやっているラジオ番組で、オンエアーする「ザ・50回転ズ」の曲の歌詞が、奇しくも、トンデモ政治家・久間さんに捧ぐにふさわしい内容だったので、此処にその歌詞をUPしておきます。

●私の番組「Swinging Street Second」のブログ

http://swingingsecond.ko-co.jp/


「戦争と政治家」


戦争が始まる。  一言で始まる。

覚えとけー!政治家よ。  お前らの一言で!

戦争じゃ人が死ぬ。 一日中人が死ぬ!

覚えとけー!政治家よ。  お前らが殺すのだ。

戦争は金を生む。 血を売って金を産む。

よかったなぁ~。政治家よ。

お前らの儲けだ!!!!!!!!

戦争がとまるとき。 英雄は産まれる。

おめでとー。 政治家よ。

お前らが英雄だ!


忘れるなぁ~ ヒロシマを。 忘れるなぁ~ ナガサキを。

陽に焼けたあの夏と、火に焼けたあの町を…。

忘れるなぁ~ 政治家よ。 忘れるなぁ~ 政治家よ。

戦争は終わらない。黒い雨が火を消しても………。

戦争は終わらない。おまえらがいるかぎり………。


(「戦争と政治家」byザ・50回転ズ 「50回転ズのビリビリ」に収録。2007.6/6発売)

原子爆弾…

原子爆弾はアメリカ合衆国が最初に開発し、1945年7月16日にニューメキシコ州アラモゴード軍事基地の近郊の砂漠で最初の原爆実験が実行された。この原子爆弾のコードネームはガジェット (Gadget) と呼ばれた。詳細はマンハッタン計画、トリニティ実験を参照 。

また実際の戦争で使用された原子爆弾は、太平洋戦争末期の1945年に日本の広島市に投下されたリトルボーイ(濃縮ウラン型)と長崎市に投下されたファットマン(プルトニウム型)の2発である。

これらの原子爆弾は大量の放射線を放出し、また放射能を有する塵などを多量に排出したため、被害は爆発の熱や爆風だけに留まらず、原爆症と呼ばれる放射線障害や白血病や癌などの重大な病気を被爆者に引き起こし、その影響は現在も続いている。(ウィキペディアより)  


Posted by footstomp at 20:31Comments(0)

2007年07月06日

石野さんに会える、嬉しいTV出演の追加情報












元気な石野さんに会える、嬉しいTV出演の追加情報です!

TBS系7/19に、またまた福澤ジャストミート氏の「ピンポン!」に登場されます


それと、7/26の日本テレビ系・スッキリにもご登場とのことです!

加えて、タワレコ橿原店にて、石野さんの直筆メッセージをあしらった(今回の7/16・ブルーノート公演のチラシも勿論、入っています!因みに、これは、当FOOTのあさのさんがデザイン加工してくれました!)POPをつけて、面だしで「カレント」を飾り、販売中です!

また、よかったら橿原店にお出かけ頂き、そのPOPを御覧いただいた上で、石野さんのファンに新しくなられた方で、まだ『カレント』をお聞きでないという方は是非共、お買い求め頂き、聴いて下さいね!
素敵ですぞヨ…。  


Posted by footstomp at 16:19Comments(0)

2007年07月03日

タワーレコード橿原店の画期的なコーナー!





タワーレコード橿原店には、奈良のミュージックシーンを、目一杯後押ししましょうといった気骨溢れる頼もしくも画期的なコーナーがある!
(つい最近まで私も知らんかったけど…)

店舗フロアに入って直ぐ、「タワーレコード・橿原店」さんの今週のランキングをそのまんま反映した陳列棚のその先、最新のDVDを紹介するワイドヴィジョンと背中合わせにそのコーナーは設けられている。

大仏と鹿のイラストが仲良く向かい合っている、まさにならぁ~!といった印象のパネルが目印のそのコーナーには、まだまだ無名ながらも確かな足取りで、虎視眈々と明日のミュージックシーンに殴り込みをかけるべく力を溜め込んでいる、地元奈良の、若しくは橿原店が独自で発掘した粋のいいアーティスト達のCDで飾られている!

左上から→
1.ロックとクラブの融合した斬新なサウンドhが魅力の「マイクロン・スタフ」(奈良)

2.タワー・インストアライブにも最近登場!洗練された都会派サウンドが気持ちいい「プロトスター」
(メンバーに奈良出身者が!)

3.奈良出身エモロックバンド「2nd STAGE」

そしてそして、先日当FOOTもインタビューさせていただいた、ナチュラルボイスが心地よく耳に響く
4.「上地 由真」
5.「高谷 由理」のご両人!

左下→
1.京都を拠点に活動するジャジーで、ソフィスティケイトされた音世界が魅力の(POPにはエロいドリカムとか書いてありましたが…。確かにアヤヲさんのボーカルには大人っぽい艶があって、なるほどと思えたりもしますが…。)ガリバーゲット!


2.大和ロックな女5人衆。和魂人(ワコンチュー)(♯9/スージーQ・大阪のバンドとのスプリットシングルが此処にはあります。)

3.monocism/初季

4.タワレコインストアで大好評!シカゴプードル“風街序曲”
(タイトルとCDジャケ、一目見てはっぴいえんどの風街ろまんを思い出しました。
内容もレトロな雰囲気に満ち満ちていて、シカプーの皆さんもリスペクトする想いでもしかしたら製作されたのでは…。でも、後継者としての資格十分のバンドなんですよね!このバンドは!素直にいい!)

5.スマッシュ・ストア
奈良出身の4ピース・メロコアバンド!エルレガーデンなどが好きな方はばっちりはまりまっせ~!

奈良はロック不毛の地…。
確かに今まで有名なアーティストを輩出することはなかったが、ホントはじっくり見渡せばこれだけ多くの才能が確かに息づいて活動しているのです。

(このほかにも、インストアに登場した「ブリーズ・サウンド」さんや、大和路ラプソディーが好調な川本佐江子さんとか。)

ここでは、こういったアーティスト達のサウンドが試聴できて、目から鱗の発見がある!
また、ミュージシャンを志し、日々地道に活動している卵君たちにとってもきっと励みになるはず!

興味在る方は是非、このコーナーでいろんなアーティスト達の音に触れて、奈良発!橿原店発の素敵な才能を地元のみんなで送り出し、奈良のミュージックシーンをもりあげていきまひょう!

OK!?
  


Posted by footstomp at 23:13Comments(0)

2007年07月01日

橋下弁護士、21人の弁護士団に怒る!



先日の、読売TVで放映された「たかじんのそこまで言って委員会」の中で、たかじんさんと、橋下弁護士、21人の弁護団に対し、怒りの言及!
下記で御覧いただけます!

http://www.vsocial.com/video/?d=92242

  


Posted by footstomp at 22:11Comments(0)

2007年07月01日

西遊記

夏休み間近。
この時期になると、矢張り夢や希望、ロマンに満ち溢れた感じの子供向けシネマが続々と登場!
今回はそんな中の一つに数えられる作品をご紹介!

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

●このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画

ワーナーさんにて、2007 7/14(土)より公開。

御一行、史上最大の危機!
悟空、沙悟浄、猪八戒、三蔵法師はなまかとの約束を守れるのか?

みんな、なまか。
MONKEY MAGIC

「西遊記」



西遊記は、中国の有名な古典としてアジア圏のみならず欧米でも度々映像化されてきたが、特に、堺正章・夏目雅子・西田敏行・岸部シローの4人を三蔵一行に据えて70年代後半に映像化された日テレ製作のTVドラマは、特に「モンキー」というタイトルで、イギリス・オーストラリアでも放送され大ヒット。大いなるブームを巻き起こした。

それから、30年近くの月日は流れ、今再び香取慎吾・内村光良・伊藤淳史・深津絵里といった新たなる顔ぶれにて映像化され、フジ系にてオンエアー。これも高視聴率をマークし、大ヒット。
その勢いをかって今回、映画化されたのが本作であります!

天竺に辿り着く、その途上での物語り。…
三蔵一行が立ち寄ったのは、草木の枯れた砂漠の町。
王宮に招かれた一行は、魔法によって醜い亀にされたしまった王様と王妃様を目の当たりに…。
聞けば、かつて緑豊かで恵まれた環境を誇り、幸せであったこの地、この国に金角(演・鹿賀丈史)・銀角(演・岸谷五朗)という恐ろしい兄弟妖怪が現れ、この国の緑と全ての財宝を奪い、王様たちに妖術をかけ去っていったという。
この国の人々は、最早、金角・銀角に怖気ずき、誰もが諦めの境地で立ち向かう勇気のかけらももちあわせていない。
そこで,王女・玲美(演・多部未華子)は三蔵ら一行に、金角・銀角を倒して欲しいと懇願。
果たして一行は、王女・玲美と共に、金角・銀角が棲む魔の山に目指し、新たな危険が待ち受ける旅へと出るのだが…。
その先は映画館で、御覧くださいね!

製作・亀山千広  企画・太多 亮

監督・澤田鎌作  主題歌モンキーマジック「アラウンド ザ ワールド+GO空」
    
           イメージソング・高杉さと美「旅人」

2007年 フジテレビジョン/東宝/J-dream/FNS27社



http://www.saiyuki.jp

「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

・このほかに、「ポケットモンスター2007」公開され、また7/14には「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」(吹・字)先行上映 されます。是非、お越しくださいませ!

●ポケモン映画10周年記念!ポップコーンBOX 映画館でしか手に入らない、期間限定商品!

数量限定発売中!!

7月14日ロードショー、「ディアルガvsパルキアvsダークライ」の公開を記念して、ポケモンポップコーンBOXが登場!
過去9作品+新作のメインキャラクターが勢ぞろいした、映画10周年ならではのスペシャルデザイン!
フタの上に座ってるピカチュウは、取り外して携帯ストラップとしても使えます!
売り切れ次第、販売終了なので、この機会にぜひお求めください!

『ポケモンポップコーンBOX』 ¥700(税込)

●ワーナーマイカルシネマズ西大和 

TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i  


Posted by footstomp at 21:18Comments(0)